院長室

« 11月 2019 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

それ、胃酸過多?

これから忘年会シーズンが始まり、TVでも「食べ過ぎ、飲み過ぎに

○○!」とか「飲む前に飲む」的なCMが多く流れます。あるいは、

胸焼け、げっぷなどに飲む薬も多数紹介されます。

 

こういう症状があると、患者さんも我々もつい「胃酸過多」だから

「胃酸を抑える薬」で対処しようとします。実はコレ、結構危険な

方法です。

 

逆流性食道炎という診断名を耳にすることがあると思いますが、

これは本来食道→胃→十二指腸と流れていくべき食物が逆流し

胃酸の影響で食道に炎症が起きる病態です。胸焼けやげっぷ、悪心

といった症状が出て上記の制酸剤が処方されます。最近は市販薬も

ありますね。でもこの薬はその名の通り胃酸を抑えるだけで逆流を

治しているわけではありません。その場しのぎ的に使用するのは

構いませんが、常用するとむしろ低胃酸による副作用が出ます。

 

ではなぜ逆流を起こすかというと、様々な原因があるものの、

一番多いのは「胃壁の過伸展」です。食道から胃に食べ物が入って

くると胃の入り口部分はキュッと締まって逆流防止をし胃の中で

消化が始まります。胃が大きく伸ばされると、この入り口部分が

緩んでしまうんです。これが逆流を起こすわけです。

 

では胃が引き延ばされる原因は?そう、過食と早食いです。また

脂肪が多い食材でこの反応が起きる人もいるので、高脂肪食も

原因となります。まさに生活習慣が原因ですね。日本人はそもそも

胃酸分泌が少ない民族なので胃酸過多は起きづらく、あくまで

逆流現象による諸症状と捉えなければ不要な薬を飲み続けること

になりかねません。

 

ちなみに制酸剤で低胃酸になるとタンパク質分解が抑制され

胃の中に食物が停留しますので、結果的に胃壁は伸展されやはり

逆流が起き得ます。本末転倒ですね。「ゆっくり食べて腹八分目」

が治療です。

    2019年11月11日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ

    今のうちにしもやけ

    朝晩は随分と冷えてきました。毎年、手や足のしもやけ、アカギレに

    悩まされる方もいるのではないでしょうか。なってしまえば漢方薬や

    湿潤療法で対処しますが、できれば予防をしたいところです。

     

    しもやけは血流障害が原因です。手足の先やかかとは血管が細く、

    動脈と静脈の折り返し地点なので血液が停滞しやすく、生理的に

    血流障害が出やすい部位なんです。寒くなると血管が収縮するので

    しもやけが発症するわけですね。

     

    と言うことは寒くなった時にいかに血流を維持できるか、が重要に

    なります。指先をマッサージするのも効果はありますが、狙いは

    もっと上流部分です。手なら前腕と脇の下、足ならふくらはぎと

    そけい部、がポイントとなります。血液が心臓へ戻る経路をしっかり

    確保する、という考え方です。

     

    手の場合は、前腕をモミモミし、脇の下に指を入れて肩を後ろに回し

    ます。グーパーグーパーしながらやるとさらに効果的です。足の場合

    はふくらはぎをモミモミし、そけい部を伸ばします。足は手よりも

    重力の影響で血液が戻りづらいですから入念に。爪先立ち運動も

    並行してやってください。言葉では伝わりづらいので(^ ^;)不明な

    点は診察の時にでも聞いて下さいね。

     

    アカギレは乾燥にも大きく影響されるので、ワセリンを薄く塗り込んで

    おくと良いでしょう。炊事の前や寝る前、など先んじて塗っておく

    のがコツです。

     

    ちなみに交感神経緊張状態では血管は収縮しますから、副交感神経

    優位な生活を送ることも大事です。つまりちゃんとリラックスする

    ことです。睡眠不足やイライラでも血流は悪化するわけですね。

    また血糖乱高下は交感神経緊張を招きますし、喫煙も血管を収縮

    させます。体操だけでなくもちろん生活習慣改善も重要です。

      2019年11月7日 木曜日

      カテゴリー 院長室

      タグ

      「低」脂血症

      血糖値が乱高下し様々な不調を来す病態=低血糖症は以前に比べ認知

      されてきた印象があります。高血糖ばかりが槍玉に挙げられていると

      見逃されるので、とても意義深いことです。

       

      一方で、脂質代謝に関してはまだまだ旧態依然とした認識であると

      言わざるを得ない現状です。つまりコレステロールや中性脂肪の高値

      ばかりが注目され、低いことはノーケア、むしろ良いことだと捉えられて

      います。高脂血症という言葉はあっても低脂血症なんて言葉はないです

      よね。(^ ^;)

       

      コレステロールに関しては何度か紹介していますが、副腎ホルモンや

      性ホルモン、ビタミンDの原料になり、かつ細胞膜の形態安定に必須

      なので低値は結構な不調を招きます。また食材中のコレステロールとは

      ほぼ無関係なので、肉や卵を食べ過ぎて上昇することはないですし、

      逆にせっせと食べても低値が改善するわけでもありません。

       

      日本で採用している検査基準値が異常に厳しすぎるというのも過剰に

      高脂血症の患者さんを産む原因になっていると言えます。少なくとも

      更年期周辺の女性は生理的変化として上昇するので、それを無視した

      診断は危険だと思います。

       

      中性脂肪に関しては糖質過剰と密接に関係するので、高値の時には

      しっかり対処しなければいけませんが、低値を無視していいわけでは

      ありません。脂質の測定はそれを運搬する結合タンパクを測定する

      ことで脂質量としているので、あまりに低値の場合はタンパク不足が

      ある、と読む必要があるのです。

       

      いずれにしても、あまりに低値が無視されている現状は知っておくべき

      でしょう。脂質に限りませんが、参考基準値の下限が設定されていない

      (0〜となっている)場合、その会社は低値を無視しているということ

      です。それでA判定であっても、栄養療法的には問題視しなければ

      いけない場合が結構あります。健康診断でA判定でも不調がある場合は

      是非ご相談下さい。

        2019年10月31日 木曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ

        11月のキャンペーン

        いよいよ感染症シーズン到来です。一宮市でも数名ずつでは

        ありますが、インフルエンザの患者さんが毎週出ているようです。

        そんなわけで11月はチュアブルビタミンCをキャンペーン対象

        にします。

         

        7月にもキャペーン対象にしましたが、この商品は水なしで

        服用できて、携帯性もよく、美味しい、と3拍子揃った他に類を

        見ないものなので何度もお勧めしたくなるのです。1粒200mg

        ですので、1日5粒食べるのが標準です。風邪の時やストレスを

        感じる場合は倍くらい摂っても構いません。但し、頻回摂取が

        吸収の面で効率的です。

         

        期間中何度でも10%OFFですので、是非使用してください。(^ ^)

          2019年10月31日 木曜日

          カテゴリー 院長室

          タグ

          アンチエイジングとは

          「アンチエイジング効果」とか「アンチエイジング成分」とかの表示が

          ある商品を見ると、ついつい手が伸びてしまいませんか?聞こえのよい

          キラーワードの一つです。

           

          そもそもアンチエイジングは「若返り」ではなく「加齢変化の速度を

          緩める」ことです。もう「加齢変化」という言葉だけで耳を塞ぎたくなる

          かも知れませんが(笑)、これは生理現象です。避けられないものです。

          ただその現象の仕組みを理解すれば変化を緩和することはできます。

           

          まさにこれは栄養療法の考え方で、加齢変化が促進するものを避け、

          不足しがちなものを補給する、という対策が有効です。抗加齢医学会と

          いう学会がありますが、ここで話題になるのはほとんどが栄養です。

          高齢者医学を扱う学会と誤解されがちですが、老若男女問わず疾患

          問わず、の何でもありの学会です。加齢という生理現象を相手にする

          のですから当然と言えば当然ですね。

           

          さて、では加齢変化の生理は何なのかと言うと、、、人による。(オイ)

          加齢変化を促進する原因は様々なので、対策も一通りではありません。

          ただ、全員に言えるのはタンパク異化亢進、つまりタンパクの分解が

          進むのでタンパク代謝の改善は必須と言えます。タンパク代謝の改善

          方法も人によって違うので、これまた一通りではないのですが。

           

          まさに栄養療法的視点でつぶさに観察し分析することがアンチエイジング

          のスタートと言えるでしょう。肝臓機能が低下していればプラセンタが

          アンチエイジングのツールになるかも知れないし、糖過剰で糖化が

          進行していれば糖質制限がアンチエイジングになり得ます。効能だけを

          切り取って商品展開をするのには無理があることを理解してもらえると

          思います、、、と言うか願っています。(笑)

            2019年10月28日 月曜日

            カテゴリー 院長室

            タグ