院長室

« 1月 2020 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

漢方薬解説 葛根湯

漢方薬紹介の2回目です。今回は落語のネタにもなっているほど

有名な葛根湯です。葛根湯を風邪薬として認識していますか?

はたまた肩こりの薬でしょうか?それも生薬の構成から見ると

腑に落ちると思います。

 

・葛根湯(カッコントウ 1番)

構成:

葛根4g+麻黄3g+桂皮2g+芍薬2g+甘草2g+大棗3g+生姜2g

 

上記の通り、葛根湯は7種類の生薬から構成されます。葛根湯の

効果はそれぞれの合算、ではあるのですが桂皮以降の5種類で

桂枝湯(ケイシトウ 45番)という薬になります。これが悪寒の

ある風邪の初期に使われるんですね。配合量は多少違いますが。

 

つまり葛根湯は桂枝湯に葛根と麻黄を加味した薬、と見ること

ができるわけです。麻黄は桂皮と組み合わさることで発汗作用を

強め、桂枝湯の効果を高めます。発汗させることで解熱させます

ので発熱時に使えますね。発汗し過ぎて脱水になることの予防策

として潤す効果のある甘草が配合されています。既に発汗がある

場合には使いにくい、というのも分かります。麻黄を中心に

据えた方剤を「麻黄剤」と呼んだりしますが、大抵は脱水予防

に甘草が併用されています。葛根湯も麻黄剤の一つです。

 

では葛根はどんな効果を持つのかというと、後頚部〜背部の鎮痛

です。これが肩こりに使われる所以です。さらに少量ではあり

ますが芍薬甘草湯(芍薬+甘草 68番)も配合されています

ので、鎮痛効果を高めることになっています。以上を考慮すると、

葛根湯が効く風邪は汗が出ていなくて、発熱悪寒があり、筋肉痛

や頭痛があるタイプ、ということになります。また、咽頭痛や咳の

生薬は配合されていないので、そういう場合は他の漢方薬にするか、

何か追加して対応することになります。どんな風邪でも効くわけ

ではないんですね。

 

ちなみに甘草+大棗+生姜の組合せは消化器系を助ける効果が

あるので、副作用防止の意味で様々な漢方薬に配合されています。

麻黄は過量になると胃部不快が出ることがあるので、葛根湯に

入っているのも頷けます。ちなみにちなみに、この麻黄の副作用

を嫌って桂枝湯に葛根だけ追加した桂枝加葛根湯という薬もあり

ます。これなら安全ではありますが風邪にはあまり効かなくなり

ます。ウチでは採用してませんが。

 

葛根湯の他にも桂枝湯からの派生処方は結構あります。それだけ

昔から重宝された薬だったんでしょうね。

    2020年1月16日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ

    体質と言うなかれ

    患者さんにとっても我々医療者にとっても「体質」と言う言葉は

    非常に便利です。「風邪を引きやすい体質だから」とか「痛みが

    取れづらい体質だから」みたいな逃げ道になり得るからです。

     

    近年、遺伝子解析技術が進み一般レベルでも検査ができるように

    なりました。調べてみると確かに「乳癌になりやすい遺伝子」や

    「ビタミンBを利用しにくい遺伝子」などがあることが分かり、

    例えば他人よりもビタミンB群を多く使用しなければならない

    体質、というのはあります。

     

    ただこれも検査をしたから導かれる回答であって、治らないなら

    体質のせい、と短絡的に決めるのとは意味が違います。患者さんが

    弱気になって言うのは仕方がないことですが、我々が特に根拠も

    なく体質のせいにするのは誠実さに欠けるかな、と思うわけです。

     

    栄養療法では深い視点で通常では見落とされる病態を拾い上げる

    ことができます。僕はここが一番の魅力だと思っていますが、

    もしそこに問題があるのであれば、体質ではなく生活習慣かもよ?

    と言えるわけですから、治療に希望が待てますよね。多くは

    食生活に起因するので、治療提案が受け入れられるかは別問題

    ですが。(^ ^;)

     

    かく言う僕も栄養療法を知る前はひどい食事パターンだったので

    患者さんの気持ちも分かります。僕は「治す側」だったのでより

    真剣に取り組めただけかも知れません。ただ自身が患者経験あり、

    というのも栄養療法の特徴です。僕だけでなく、栄養療法実践Dr.

    の多くは自身も治療経験があるものです。栄養療法を通じて、

    “共感できる体質”になったかも。(笑)

      2020年1月13日 月曜日

      カテゴリー 院長室

      タグ

      漢方薬解説 芍薬甘草湯

      最近の院長室が栄養療法に偏りつつあるのを少し反省して、

      今年は漢方薬にもっと言及していこうと思います。かねてから

      言っている通り漢方薬は生薬の集合体で、それぞれの生薬の

      効果効能の合算がその漢方薬の効き所となります。つまり構成

      する生薬の特徴を知ることが、漢方の効かせやすさに直結

      するわけです。

       

      まず今回は初回ということで一番シンプルな芍薬甘草湯を取り

      上げてみます。カッコ内の番号は医療用エキス剤の番号です。

       

      ・芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ 68番)

      構成:芍薬6g+甘草6g

       

      ご存知、こむら返りの特効薬と言われている漢方薬です。その

      名の通り構成生薬は芍薬と甘草のみ、という最もシンプルな

      漢方薬です。こむら返りのみならず、筋肉のけいれんを止める

      のに長けているので、寝違いやぎっくり腰、しゃっくりや

      生理痛なんかにもよく使用されます。

       

      ただ、この筋肉に対する効果を有するのは芍薬であって甘草

      ではないんですね。ではなぜ甘草が入っているのか?がこの

      漢方薬のポイントになります。甘草は咽頭痛の薬として使われて

      きましたが、同時に身体を潤す効果があります。ゆえに

      芍薬甘草湯には「身体を潤しながら筋肉の緊張を取る」という

      処方意図があるのが分かります。ということは脱水に伴う筋肉

      の痛みに有効、となります。運動後のこむら返りとか透析後の

      痛みが最も良い適応になるわけですね。同時に甘草が過量に

      なると潤しすぎることになり、むくみや高血圧といった副作用

      が出るわけです。

       

      高齢者は生理的に脱水傾向にあるので芍薬甘草湯がよく効く

      場合は多いのですが、予防効果までは無いし、むくみや高血圧

      の可能性があるので基本的には常用する薬ではありません。

       

      このように漢方薬の効果も副作用も、構成生薬を知ることで

      より明確になります。全部の漢方薬を紹介するのは無理ですが

      (なんせ140種類以上ある ^ ^;)、使用頻度の高いものを

      こんな風に紹介していこうと思います。

        2020年1月9日 木曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ

        使用サプリランキング

        年末年始に「2019年の○○ランキング〜!」的な企画が増える

        じゃないですか。何か僕もやってみたいなーと思ったけど、趣味の

        ものをここでランキングしても誰も喜ばないことに改めて思い至った

        ので(笑)、無理矢理サプリメントをランキングしてみたいと思い

        ます。BEST3だけだけどね。

         

        1位 ビタミンB群

        皆さんの予想通り、これがぶっちぎりです。厳密に言えばB群は

        8種類あるので、まとめちゃダメなのかも知れませんが。やはり

        エネルギー代謝全てに関わり、脳神経伝達物質合成、タンパク質

        合成にまで必須となれば、これは必然です。メーカー別…にすると

        誤解を招くのでよしましょう。(笑)

         

        2位 ビタミンD

        アレルギー性疾患、悪性腫瘍、うつ、小腸吸収能、骨代謝…と

        これもまた日本人が困っている病態全てに関わる栄養素なので使用

        頻度も高まります。Dの値段が比較的安いのも使いやすいところ

        ですね。血液検査で過不足を評価できるのも良い部分です。

         

        3位 EPA・DHA

        いわゆるオメガ3系脂肪酸です。最大の効果は炎症コントロール

        ですが、細胞膜を柔軟にすることで溶血対策になったり、体内で

        最も多く分布する脳の機能を高めたり、と西洋薬には無い効果が

        多く期待できるのが特徴です。

         

        次点はマグネシウム、亜鉛です。これらも超重要なんですがミネラル

        はバランス重視なので、ビタミンなどに比べると少し使い方に工夫

        が必要なところがBEST3に入らない理由でしょうか。

         

        逆に、むしろそんなに言うほど使わないのがヘム鉄と乳酸菌、

        そしてマルチビタミンミネラルです。鉄不足の方は本当に多いの

        ですが、鉄の代謝はミネラルの中でもさらに難しいので、安易な

        投与は憚られます。あと保険薬で代用できる方もいるので、そんな

        に使用しなかったです。

         

        乳酸菌も腸内環境に必須と思われがちですが、腸内環境こそ食事が

        重要なので、最初から乳酸菌頼りになることはむしろ少ないですね。

        グルタミンや消化酵素が先のことが多いかな。マルチはそもそも

        ほとんど使用しません。品質などの商品の問題ではなく、診断的な

        側面からです。要は「大は小を兼ねる」的になってしまうので

        的確な診断がしにくくなるので嫌なんです。

         

        …とまあ書いてみて結局誰トクな記事よ?!とは思いましたが(^ ^;)

        今年も優しい目で院長室を見守って頂ければ幸いでございます。

          2020年1月6日 月曜日

          カテゴリー 院長室

          タグ

          新春キャンペーン

          皆様、明けましておめでとうございます。正月はゆっくりでき

          ましたでしょうか?僕は、あんまり長く休むとリズムが崩れる

          だろうから早めに始動しようと焦るとミスをするので、いっそ

          7日まで休むか、とか考えてます。(アホか)

           

          さて、今年から少しキャンペーンのやり方を変えます。これまでは

          何かしら月ごとにやっていましたが、今年は不定期になります。

          季節ごとや、ニーズがありそうな時にやる予定です。その方が時期

          も期間もフレキシブルにできるかな、と思いまして。で、まずは

          「新春キャンペーン」として「オリーブ X」を扱います。

           

          これはオリーブ葉のサプリメントで、抗菌・抗ウィルス作用があり

          ます。何をおいてもこの時期はインフルエンザ対策ですよね。

          タミフルや漢方薬が飲めない方もしばしばみえるので、その代替

          として期待できます。また、薬ではあまり予防効果は望めませんが、

          オリーブ葉は予め飲んでおくと予防にもなります。お子さんが罹患

          した場合や人混みでの仕事などに備えておくといいですね。

           

          急性感染症だけでなく、例えば慢性口内炎や歯肉炎、あるいは

          ピロリ菌除菌や腸内環境改善に使用したりもします。そこそこ

          値が張るのであまり常用には向いていませんが。(^ ^;)

          キャンペーン内容は以下になります。

           

          ・オリーブ X 1袋30カプセル入り 通常3300円(税抜)

          →10%OFF 2970円(税抜) & 複数同時購入の場合は

          2個目以降15%OFF 2640円(税抜)!

          ※期間:1月6日(月)〜2月8日(土)

           

          若干カプセルは大きいけど、感染症全般に使用できて副作用の

          心配がない、というのは魅力です。どうぞご利用ください!

            2020年1月3日 金曜日

            カテゴリー 院長室

            タグ