院長室

« 1月 2018 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

Bスポット療法の本

慢性上咽頭炎に対する塩化亜鉛塗布をBスポット療法と言い

ますが、この度この治療の第一人者である堀田修先生の

新刊「つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい

が出版されました。

 

堀田先生の著書はこれまでも何冊か出版されていますが、

今回の本はイラストなどを多用しており取っつきやすいです。

またBスポット療法に付随するセルフケアなども紹介されて

いるので、とても充実した内容だと思います。

 

そもそも慢性上咽頭炎は認識されていないだけで、結構

昔から言われている病態です。鼻閉や後鼻漏などの耳鼻科

的症状だけでなく、頭痛、不眠、アレルギーなどとの関連

もあるようです。最近では副腎疲労の治療にも用いられる

ようになって、栄養療法業界でも注目されているんです。

 

Bスポットという名称は “鼻咽腔” の “び” から来ている

という何ともお茶目な理由ですが、海外からの問い合わせ

などに説明が難しいらしく(笑)、最近では上咽頭擦過

療法の(英語の)頭文字でEATと表現しているようです。

ま、その方がいいでしょうな。

 

実は来月の健康教室はこの上咽頭炎をテーマに実施する

ので驚きのタイミングなんですが、この本を読まれると

僕が話す必要がなくなるじゃん、という側面も。(笑)

でも巻末の実施医療機関にウチも載せた都合でしばらく

当院でもこの書籍を販売しますので、ご興味がある方は

お申し付けください。その上で健康教室も参加して

頂けると尚良し。(^皿^)

 

Bスポット療法は程度がひどいほど痛い治療でもあるので

ちょっとハードルは高いですけど、一考する価値はある

と思います。

    2018年2月19日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ

    病後におかゆ

    インフルエンザの猛威もやっと落ち着きを見せてきました。

    これだけ蔓延したのはA型とB型が同時流行したのが原因の

    一つですが、そもそも人間の免疫力が落ちているのも大きい

    のではないかと思っています。

     

    それはさておき。風邪の後や、手術後などの回復期には

    「消化の良いおかゆ」を食べることが何となく常識になって

    います。普段糖質制限をしている人でさえも、疑いなく

    おかゆを食べていたりします。

     

    おかゆに限らず糖質は分解に胃酸を必要としないので、

    消化吸収に長けているのは事実です。病後の弱った胃腸に

    適していると思われるのはこの道理だと思います。しかし

    ながら、やはり血糖値の乱高下を招いてしまうので

    それによる不調も不可避だったります。さらに糖質は

    カロリーにしかならない、つまり身体の部品にはならない

    ので病後に糖質を摂取するのは、車が故障しているのを

    給油だけで修理しようとするようなものです。

     

    身体の部品になるのはタンパク質だけなので、病後ほど

    タンパク摂取を増やすべきなのですが、一方でタンパク質

    の消化には胃酸が必須です。またうまくタンパク質が吸収

    されてもカロリー不足下では折角摂ったタンパク質が

    カロリーに使われてしまい部品にはなりにくくなります。

    悩ましいですね。そもそも風邪のすぐ後に肉をガッツリ!

    ってのも無理があります。(^ ^;)

     

    そうすると、動力になるカロリーと部品になるタンパク質

    を同時に摂取できて、かつ美味い物(笑)が望ましいわけ

    ですが、正直そんな都合の良い食材はありません。サプリメント

    の有用性はこういう場面で発揮されるのですが、食材で

    勝負するならば、豆腐、卵、ココナッツバターが良いかと

    思います。豆腐を砕いて卵とじにし、醤油や天然塩で

    さっぱり味付けをする。そしてデザート(?)にココナッツ

    バターを一口パクッと。自分だったらこうするかな。

    ココナッツバターは実をすり潰して作るので少量の糖質が

    含まれることを逆手にとるわけです。

     

    残念ながらインフルエンザに罹患されてしまった方もこんな

    レシピで早く良くなって下さいね。(^ ^)

      2018年2月15日 木曜日

      カテゴリー 院長室

      タグ

      「スリー・ビルボード」/「ダーク・タワー」

      映画の宣伝だからって俳優さんがバラエティー番組に出まくる

      最近の風潮ってどうかと思うんだ。どのチャンネルも同じ話

      やん。…なんてことは全く前フリではない今回の映画レビュー

      です。(^ ^)

       

      まずは「スリー・ビルボード」。娘がレイプされ焼死体で

      発見された母親の、捜査が進まない警察に対する不満を発端

      とするクライムサスペンス、と紹介されていますが、なんの

      なんの、これは極上のヒューマンドラマです。全く謎解き系

      の映画ではないですが、極力前情報なしで鑑賞することを

      お勧めします。

       

      脚本も演出もカメラワークも素晴らしいですが、やはり

      俳優陣の上手さが目を引きます。主演ではないですが、

      重要なキャラクターであるサム・ロックウェルさんは特に

      良い。「月に囚われた男」に匹敵する名演ではないで

      しょうか。強力オススメです。

       

      そしてクールなアクション映画かと思わせてかなりおバカ

      作品だった「ダーク・タワー」。予告編のカッコ良さと

      ガンスリンガーという単語のみに惹かれて観ましたが、

      B級中二要素満載でした。いや、それも好物なんだけど。(笑)

       

      敵役の名優マシュー・マコノヒーさんに「聖剣エクスカリバー

      から作った銃」なんて言わせちゃうんだもの、ある意味凄い。

      並行世界にあるタワーを壊すと外宇宙から怪物が侵略して

      きて世界が滅ぶ、という既に意味不明な設定なんですが映像的

      には割と良い。

       

      いかんせん敵ボスの能力が無敵すぎるのと「心で銃を撃つ」

      はずの主人公のラストショットが単なるトリックショット

      だったりと、まあ全編ツッコミ所満載です。同系統のアクション

      映画ではやはり「リベリオン」の右に出る者はいないですな。

      あ、でも意外と好物です。(笑)

       

      なんかもうテレビがつまんないから、どんどん映画一辺倒

      になってしまいますわ。吉本新喜劇も劇場で観る方が面白い

      しねぇ。

       

        2018年2月8日 木曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ

        何を食べないか

        健康番組や雑誌の特集など、その情報の中心はとかく

        「○○がアトピーに効く」とか「□□が長寿のヒミツだった」

        という言わば足し算の治療の提案ばかりです。どんな

        媒体にもスポンサーが必要だったりしますから、当然

        スポンサーの利益になるような構成、内容にせざるを

        得ませんので仕方がありません。

         

        もちろんこれらを否定するつもりは毛頭無いのですが

        やはり「引き算」の視点が足りないのは問題だと

        思うのです。「○○を食べる前に△△を抜きなよ」と

        テレビに突っ込む自分に「あ、歳とったなぁ」と

        さらに突っ込むわけですが(笑)、足し算と引き算が

        両立して初めて身体のバランスは整うものです。

         

        では実際に何を引き算するべきなのか。これは厳密には

        個々人の栄養状態によって変わります。しかしながら

        不調を抱える方の多くは精製糖が多いですし、同様に

        ファットスプレッドに代表されるトランス脂肪酸も

        過剰です。この2つは確実に不調を招くので、未精製糖

        に変えるとか、マーガリンをバターにするなどの

        対策はすぐにでも検討すべきでしょう。

         

        さらには小麦のグルテンや乳のカゼイン、コーヒーの

        カフェイン、マグロの水銀、などなど引き算を検討すべき

        対象は結構あります。もっと言えば、食品だけでなく

        電磁波も引き算の対象です。これらが絶対悪と言うわけ

        ではないですが、無視はすべきではないと思います。

         

        「今日、何食べたい?」ではなく「今日は何を食べない?」

        という会話もアリです。(^ ^)

         

          2018年2月5日 月曜日

          カテゴリー 院長室

          タグ

          骨盤ズレとる

          医療関係者の常識と一般の方の常識は意外とズレている

          ことがあり、それが元でトラブルになったりもします。

          この「骨盤のズレ」もまさに認識のズレの一つです。

           

          病院よりもむしろ、接骨院などで言われることの多い

          「骨盤のズレ」。腰痛や下肢のしびれの原因として言わ

          れることがしばしばで、患者さんも「骨盤がズレている

          から仕方ない」と思い込んでいる場合があります。

           

          実は実際にレントゲンやMRIなどをしても骨盤のズレを

          見つけることはできません。つまり、形態的に変形して

          いるのではなく、左右前後の動きの差、あるいは施術者

          の手の感覚からこのように表現しているに過ぎません。

          画像検査が万能でないことはこれまでも何度か取り上げて

          きましたが、一方で数値化できない異常を表現する

          難しさ、もあります。

           

          「ズレている」と言われれば、患者さんは驚きますし、

          さらには治癒を諦めさせてしまう恐れもありますから、

          安易に用いるべき用語ではないでしょうね。ちなみに

          類義語として「ゆがみ」があります。なるべく一般の

          認識とズレないように表現する努力が我々には必要

          ですね。

           

          あ、「腰椎すべり症」なんてのは本当に骨がズレている

          疾患ですが、これは徒手的に治療するのは難しいですし、

          そもそもすべり症と症状に因果関係がない場合もあります

          ので、これもまた大仰に考えない方がいいでしょう。

            2018年2月1日 木曜日

            カテゴリー 院長室

            タグ