はりの部屋

« 11月 2019 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

膝が痛いので運動した方がいいですか?

「膝が痛いので運動した方がいいですか?」

 

と質問されました。

 

…しない方がいいです(^_^;)

 

「運動して、膝の痛みが無くなった」

と、お友だちが言っていたので、自分もやってみようかと考えたみたいです。

 

膝の痛みといっても、人によりその原因や歴史はまちまちです。

お友だちが良くなった方法が、自分にも当てはまるとは限りません。

 

なぜ、運動しない方がいいのか、東洋医学的に考えてみます。

 

東洋医学では、さまざまな症状は

「内臓」の働きやバランスに問題があるために起こる、

と考えます。
内臓とは五臓六腑のことで、とくに「肝・心・脾・肺・腎」の五臓が重要で、各臓にはそれぞれ関係が深い身体の部位があります。
腎は、膀胱、腰、髪の毛、歯、骨などです。

 

この方の症状は、「膝の裏側の痛み」で、以前ぎっくり腰を経験しています。
膝裏をみてみると、硬く腫れたような感じです。
硬い、腫れるといった症状は、潤すことができていない状態と考えられます。
身体の中で潤す働きと関係するのは、「腎」です。

また、膝裏は「膀胱」も関係します。

 

腎は、膀胱、腰と関係が深いですから、このことからも「腎」の働きをしっかりさせることがポイントになります。

施術で「腎」にアプローチするのはもちろんですが、生活習慣でも「腎」に負担をかけないようにします。

例えば
・早く寝る
・温め過ぎない
・パソコン、スマホを控える
などですね。

 

痛みは「傷めてるから動かさないで~」という身体からのメッセージです。

それを無視して動かしていると、さらにひどくなってしまいます。

運動よりも、必要以上に負担をかけないようにして、「腎」に負担をかけない生活をしていくことが先決です。

 

 

ここからは、少し専門的なお話しです。興味がある方は読んでみてください。

 

「腎」は「陰中の陰」と表現されるように「陰」と関係が深い臓です。また、水を主る(つかさどる)役割があり、身体の水と関係が深いです。

そのため腎の働きが悪いと、むくみや乾燥、便秘といった問題が出ます。

 

次に、膝裏がなぜ「膀胱」と関係するか?

ですが、体の中には五臓六腑とそれぞれ連絡する「経絡(けいらく)」が通っています。

経絡とは、体の中でつながっている各臓腑の氣血の通り道です。エネルギーや栄養の通り道だと思ってください。

膀胱の経絡は、顔~頭~背中~腰~脚の裏側を通っています。

そのため、通り道である膝の裏側に、「膀胱」の問題が顔を出すことがあるんですね。

 

また、膝を大きく捉えると「肝」も関係してきますので、実際には「腎・膀胱」だけではなく、「肝」も視野に入れた施術をしていきます。

    2019年12月7日 土曜日

    カテゴリー はりの部屋

    タグ

    スタミナって

    年末の忙しさに備えていっちょスタミナがつくメシに行こうか!

    そもそもスタミナの語源はラテン語で、現在使われているエネルギー

    みたいな意味ではなかったそうです。我々は体力や持久力、元気さの

    表現の一つとして使いますが、さあ、スタミナをつけるには何を食べ

    ればいいのでしょうか?

     

    例えばスタミナ丼とかスタミナ定食と言った場合、肉類がレシピに

    加わっていますね。あとはにんにくとか卵とか。辛味の味付けのこと

    も多い印象です。うん、旨そうだ。これは正解?

     

    スタミナをエネルギーと解釈するならば、栄養学的なターゲットは

    ミトコンドリアになります。細胞内のミトコンドリアでエネルギーを

    産生しているからです。つまりスタミナがつく食事とはミトコン

    ドリア機能をアップするもの、ということになりますね。

     

    ミトコンドリアが働く時には様々な栄養素が消費されますが、一番は

    ビタミンB群です。ビタミンB群が働く時にはマグネシウムも同時に

    消費します。とするとビタミンB群を多く含む豚肉とマグネシウムを

    多く含む海藻類・天然塩はレシピに欠かせないですね。

     

    同時に留意すべきはビタミンB群とマグネシウムを無駄に消費させない

    ことです。補給した端から消費しては意味ないですから。そして

    そのトップが精製糖なんですね。ならば「スタミナ丼」って意味

    ある?ってことになるし、味付けが甘ければむしろマイナスなんじゃ、

    ってことになります。さらにエネルギーを付けるためのレシピなのに

    「低カロリースタミナ丼」とか「ダイエットスタミナ定食」とか

    ちょっと何言ってるか分かんないんですけど的日本語。(^ ^;)

     

    エネルギー変換効率を考えれば中鎖脂肪酸も捨てがたいですから、

    上記食材にココナッツオイルを絡めたり、MCTパウダーなんかを

    利用してみるとさらに「スタミナレシピ」になるでしょう。特に

    既に血液データでビタミンB群やマグネシウム不足が疑われる方は、

    積極的に摂りたいですね。

      2019年12月5日 木曜日

      カテゴリー 院長室

      タグ

      冷やすの?温めるの?

      痛みに対して、冷やすべきか温めるべきかと質問されることが

      結構多いです。答えは単純で「楽なほう」なんですが、これだと

      怒られるかも知れないので(^ ^;)もう少し解説を。

       

      痛みに限りませんが、病態は急性と慢性に分かれます。例えば

      捻挫や骨折は急性で、肩コリや膝の変形は慢性です。急性の場合、

      炎症が強いことが多いので基本的には冷やすべきです。

       

      逆に慢性の場合は血流不全や冷えがあったりするので、温める方が

      良いことが多いです。それでも、お風呂に入った時に痛みが増す

      ようなら熱が悪さをするわけですから、慢性であっても冷やす

      べきでしょう。風呂で痛みが軽減するなら安心して温めてください。

       

      ややこしいのは温湿布と冷湿布でしょうか。湿布薬は痛み止めを

      皮膚から浸透させるものですから、痛み止め=抗炎症剤の影響が

      出ます。抗炎症剤は血管収縮作用があるので、総じて冷やす薬に

      分類されます。温湿布であっても身体を冷やす、ということです。

      温湿布はカプサイシン、冷湿布はメンソールが付いていて「温感」

      「冷感」作用があるだけで実際に体温までは左右しません。

       

      冷え症で乾燥傾向のあるお年寄りが膝や腰に湿布を貼ったまま

      寝たりしますが、これは逆効果ですね。サポーターの下に湿布を

      ベタベタ貼っていたりもしますが、サポーターは保温ツール、

      湿布は冷却ツールなのでアベコベな対処です。逆に運動中に捻挫

      したのを放置して腫れが引かない、というのは冷却不足です。適切

      な対応をしましょう。

       

      ちなみに温める薬は西洋薬にはありません。ここは漢方薬の出番

      なんですねぇ。慢性で冷えで痛くなる、という時は湿布じゃなくて

      漢方薬がお勧めです。

        2019年12月2日 月曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ

        12月のキャンペーン

        今年最後のキャンペーンは好評を頂いております「ココソープ」と

        「リキッドココナッツオイルミニ」のセット3種です。

         

        ソープは合成界面活性剤が入っていないので皮膚刺激が少なく、

        かゆみが減ったとか、しっとりする、といった感想を頂いています。

        髪から身体まで全身使えるのがまたイイ。(^ ^)

         

        リキッドココナッツオイルは寒い時期に固まらないので利用しやすく

        ミニは旅行や部活動など、外出時のエネルギー補給に活躍します。

        飲み物に溶かしてよし、そのまま飲んでよし、です。

         

        これらを組み合わせてキャンペーン対象とします。

         

        ・ソープ2個…1500円(税込)

        ・ソープ1個+オイルミニ1個…1600円(税込)

        ・オイルミニ2個…1700円(税込)

         

        プレゼントとしても使えるよう、かわいくパッケージしました。

        あ、僕でなくスタッフがね。(^ ^;)是非ご利用ください!

          2019年12月1日 日曜日

          カテゴリー 院長室

          タグ