院長室

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 9月 »

「ダンスウィズミー」/「イソップの思うツボ」

あまり話題になっていませんが、監督さんの名前を聞くと観に行きたく

なってしまう邦画2本の紹介です。

 

まず「ウォーターボーイズ」や「ハッピーフライト」でお馴染みの

矢口史靖監督の新作「ダンスウィズミー」です。邦画では珍しい

ミュージカル映画でいきなりハードルが高いですが、音楽を聴くと

勝手に歌い踊り出してしまう催眠術にかかってしまったという力技(笑)

により劇中唐突に踊り出すこのジャンルに一応の説得力をつけている

のが特徴です。何とかその催眠術を解いてもらう旅(?)に出るという

ロードムービー仕様にもなっています。

 

まさにこのアイデアのみで乗り切る作品なのでツッコミ所も多く、

コメディレベルも高くなくて、これまでの矢口作品に比べるとやや

見劣りするデキ。僕は直近作の「WOOD JOB」と「サバイバルファミリー」

が大好きなので今作も大変期待していましたが、ちょっと拍子抜け。

なんかスケールダウンした印象は拭えない。

 

主演は三吉彩花さん。モデル出身ながら演技は上手いし、本作にも

適していたと思います。が、もう一つ突き抜けないとピンで主役張る

のはまだツライ。「グッモーエビアン!」の方が良かったかな。しかし

ながらミュージカル映画へのオマージュたっぷりみたいなのでファンは

ニヤニヤするかも知れません。僕は全く分かりませんでしたが。(^ ^;)

 

そして社会現象にもなった「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督の

新作「イソップの思うツボ」です。前作同様ネタバレなしで紹介する

のは困難な作品(と説明するだけで既に若干ネタバレですが ^ ^;)なので

まあ体験してみるしか無いのです。

 

いわゆるドンデン返し系の作品はヒットすればするほど観客は警戒して

観るし、その期待を上回らなければ駄作と言われかねないので、一気に

難易度が上がります。上田監督は苦労したと思います。ただ言えるのは、

それに真正面から向き合った、ということ。これは好感が持てます。

 

まあでも前作の衝撃を超えることは無く。前作はコロンボ的演出が気持ち良く、

人間模様の描き方も秀逸だったのですが、今作は策を弄しすぎて人間が弱い、

かな。さらに低予算のチープさが前作は演出的にプラスに働いていましたが、

今回はマイナスに。2時間ドラマでよくね?と言えなくも無い。(ゴメン)

「カメ止め」スピンオフもスピンオフと言うより単なる二番煎じだったし、

一旦このジャンルを離れて別の方向性のものも観てみたいです。

 

とまあちょい辛口ですが、夏休みの混雑の中、2作品とも結構劇場は空いて

いたので、夏休み中の映画館は行くもんじゃねーと思っているソロ活動家の

アナタにお勧めです。あ、それ僕だけ?(笑)

    2019年8月22日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ