院長室

« 2月 2019 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

鉄はそんなに必要か?

糖質制限と同等かそれ以上に栄養療法で指導されるのが、鉄の

摂取です。「隠れ貧血」なんてのがたまに特集されたりしますが、

そこまで鉄を重要視するのはなぜなのか。

 

一言でいうと、鉄が不足すると酸欠になるから。我々は酸素が

なければ死んでしまう動物なので酸欠は最大の敵です。そこに

鉄が不可欠なんですね。全ての疾患は血流不全だ!なんいう

本もありますが、血流が十分でも酸素を届ける能力がなければ

病態改善は頭打ちでしょう。届けられた酸素を利用するのにも

鉄が必要なので鉄不足下では酸素の運搬障害、そして利用障害

とダブルで酸欠になるのです。鉄、すっげー大事ですね。

 

そこで鉄不足を細かく診断することが重要になるのですが、

健康診断や人間ドックで測定するヘモグロビンだけでは全く

分かりません。ヘモグロビンは鉄を利用したタンパクの一つに

過ぎないので、鉄の在庫状況、鉄の運搬状況も併せて診断する

ことがとても重要です。具体的にはフェリチンやトランスフェリン

を見ることになりますが、ここでも重要な点があります。

 

それは腸内悪玉菌も鉄を必要としている、ということです。

つまり我々の細胞と悪玉菌は常に鉄を綱引きみたいに取り合って

いるんですね。腸内環境が悪化して悪玉菌優位になっていれば

それは即ち我々は鉄不足に陥るということ。その不足を見て

慌てて鉄を大量投与すればさらに悪玉菌は活気づき、不調を

招くわけです。

 

鉄は酸欠を改善する極めて重要なミネラルですが、正しく不足を

診断されていないこと、診断されても腸内環境と切り離されている

こと、が問題なんです。サプリなんて薬じゃないから、と安易に

摂取するのはやめた方がいいです。特に鉄を大量摂取するのは

危険な場合があります。大事なんだけど扱いが難しい、という

認識が必要です。

    2019年3月18日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ

    腰痛の原因は腰ではない

    ぼくは中学生の頃にぎっくり腰デビューをしています。その後、何度もぎっくり腰を繰り返し、痛み止めやシップ、整体などのお世話になっていました。

     

    なぜ何度も繰り返すのか?

     

    それは、根本原因にアプローチできていなかったからです。

     

    東洋医学では、身体の根本は「内臓」と捉えています。内臓の中でもとくに腰と関係が深いのは「腎」で、中国の古代医学書に「腰は腎の府」という言葉もあります。

    腎は他にも

    膀胱、耳、大小便、髪の毛、歯、骨、脳などとも関係があります。

     

    膀胱の経絡は顔から頭、背中、腰を通って、大腿部の後面、ひざ裏、ふくらはぎを下っていきます。腰から下の流れは、現代医学でいう坐骨神経の通りと似ています。

    これらのことから、腰痛や坐骨神経痛といった症状の場合、内臓である腎や膀胱の働きに問題があるのかな?と推測し、問診や触診などから確定していきます。

     

    また、腎の中には、人が生まれながらに持っている生命エネルギーである「先天の精」がしまわれています。一般的に加齢とともに現れる、骨や歯がもろくなる、腰が曲がる、髪が抜ける、物忘れなどの症状は、年齢とともに減ってくる先天の精や腎の働きの影響もあります。

     

    では、腎の働きを正常に保つためにどうすればいいのか?

     

    まず一番は

    「早く寝ること」

    です。

    子どもの頃に、「早く寝なさい」と言われていたのは、生命エネルギーである先天の精を養うという先人の智慧だったのかもしれませんね。

     

    午後10時に就寝するのが理想ですが、なかなか難しいという方は、せめて日付が変わるまでには床に就いて身体を休めてください。

    ここに鍼施術をプラスすれば、さらに効果的ですよ。

     

     

     

      2019年3月17日 日曜日

      カテゴリー はりの部屋

      タグ

      寒熱燥湿虚実表裏

      腰が痛いのに「冷え症はある?」とか「口は渇かない?」などと

      一見無関係なことを質問するのが漢方診療の特徴でもありますが、

      もちろん意味はあります。

       

      漢方薬は症状を改善するために様々な生薬が組み合わさっていますが

      その生薬には効能以外にも特有の性質があって、それゆえ一つの生薬

      でも効能が複数に及ぶことがあります。これを薬性と言います。

      ヘンな(?)質問をするのは、この薬性を患者さんに合わせるよう

      に処方を決めたいからでもあるのです。

       

      例えば冷えると腰が痛む人に、冷やす薬性を持つ生薬を使ったら

      悪化するかも知れませんし、乾燥すると咳が出る人に乾かす生薬

      なんて危なくて使えません。決してノリで質問しているわけでは

      ないのです。(笑)

       

      ただこの薬性は大抵は寒−熱や燥−湿など対をなす対義語です。留意

      しなければいけないのは、これは相対的なものだということです。

      ここに落とし穴があったりします。患者さんは「冷える」という

      けど、手足を触ると逆に暖かかったり、口が渇くという訴えでも

      唾液は多かったり。つまり自覚的症状と他覚的所見が乖離する

      場合があるんですね。

       

      そうなる理由も必ずあるはずなので、さらに関係なさそうな(^ ^;)

      質問が増えたりするわけですが、ここにも効果効能だけを切り取って

      処方すると間違う原因があります。日々気を付けているところです。

      ちなみに、高−低も相対的なものです。相手を “上から目線だ” と

      感じたら、自分が卑屈になっていないか?と考えるのも必要かも

      知れないですね。

        2019年3月14日 木曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ

        必要なところから順番に

        適材適所という言葉がありますが、栄養素もまさにコレで身体に

        均一に存在するわけではないのです。

         

        例えばビタミンCがシミに良い、とよく耳にすると思いますが

        それはシミが皮膚の酸化の結果であり、ビタミンCに抗酸化作用が

        あるからです。でも身体は常に酸化しているので、酸化しやすい

        部位に最もビタミンCが使用されています。そして最も酸化しやすい

        臓器が副腎なので、ビタミンCは副腎から順に消費されます。

         

        となると、シミに効かせるためには副腎が元気になる必要がある、

        となりますね。さらに副腎の次にビタミンC消費が激しいのが

        脳や眼の水晶体です。皮膚は結構後回しなんですな。残念ながら。

         

        じゃあ大量に摂れば皮膚にも届くじゃん、となりますが、実際に

        どのくらいの量が適正なのかはかなり個人差があります。特に

        ビタミンCはまとめて大量に摂っても吸収上限があるので、全て

        が吸収されるわけではないのがもどかしいところです。

         

        ビタミンB群についても同様で、ビタミンC以上に多様な効能を持ち

        ますが、ミトコンドリアでのエネルギー産生にまず使用されるので、

        ここがうまくいかなければ他には回されにくいです。ただビタミンB群

        はB2の作用で摂取すると尿が黄色くなりますから、これがある程度

        身体に行き渡っているかの指標になります。B群を摂っているのに

        尿が透明になった場合は不調の前兆かも知れません。

         

        その他、鉄も亜鉛も栄養療法ではメジャーな栄養素ですが、この

        優先順や偏在があることを前提に病態を見ることがとても重要です。

        各栄養素の効果効能だけをもって摂取するのは危険とは言いませんが

        無駄になることはあり得ます。このあたりはまだAIにはできない

        部分だと思うんだけど、いや、そのうち我々も不要になるのかな?

        まさに適材適所。(^ ^;)

          2019年3月11日 月曜日

          カテゴリー 院長室

          タグ

          「アリータ」/「ギルティ」

          今回もまた真逆な2作品の紹介です。しかしながらどちらも希有な映画

          体験ができる快作です。

           

          まずは日本の漫画「銃夢」が原作のSFアクション映画、「アリータ

          バトルエンジェル」です。そもそも映画化の企画自体は25年も前に

          あったそうで、諸事情で延期になっていました。その主因は技術的な

          問題だったようで、企画が再始動したのは技術革新が進んだ証でも

          あるのでしょう。

           

          で、CMの段階では主人公の少女の造形に批判があったのですが、実際に

          観てみるともう最初っから人間かと見紛う動きと表情で、きゅんきゅん

          です。あ、これが萌えなのか。(笑)CGの技術もとんでもないですが、

          実際に俳優さんが演じているのを細部までキャプチャーする技術もまた

          凄く進歩したためだと思います。

           

          ま、正直ストーリーは多分にご都合主義なのですが、そんな些細なこと

          はどうでもよくなるくらいに映像に圧倒されます。アバター以来の体験

          と言えるでしょう。あ、制作はそのジェームズ・キャメロンさんですわ。監督は

          と言うと、みんな大好き(?)ロバート・ロドリゲスさん。グロ部分は控えめ

          ですが、外連味はたっぷり。ナイス。しかし本作では完結しない!のが

          最大の失点でしょうか。僕は原作未読ですが、それでも途中で「あ、

          コレ終わらんヤツやん。」って思ったもん。ラスボスに超有名俳優さん

          起用してるし、何部作か知らんけど先に言ってや〜。

           

          そして問題はほとんど宣伝されていないデンマーク映画「ギルティ」です。

          いわゆるワンシチュエーションスリラーで、シーンは1室のみ、俳優さん

          もほぼ1人がずっと画面を占有します。制作費なんて「アリータ」の

          1000分の1以下だろうに、同じくらい圧倒されるのだからセンス

          ってすげえ、と思わせてくれます。

           

          緊急ダイヤル受付に左遷された警察官が、ある女性からの誘拐救出依頼

          コールを受けることから始まります。少ない情報から何とか彼女を救おう

          と四苦八苦するのですが、すべて電話越しなので、つまり我々観客も

          「音」に集中することになるし、電話を受ける主人公の細かな表情の

          変化にドギマギします。

           

          とにかく、演技も脚本も演出もウマい。監督さんはこれが長編デビュー

          作だとか。天才か。まあセンス勝負の映画なので実際に観てもらうしか

          ないですが、こういう作品に出会うとえらく得した気分になりますな。

          早々にハリウッドリメイクが決定したそうですが、その際にはこの原作

          にもスポットライトを当てて欲しいものです。ちなみに原題は「Den

          skyldige」でデンマーク語(?)で「犯人」と言う意味だそうですが、

          奇跡的に邦題の方が良かったと思います。公開が終わらぬうちに是非。

           

            2019年3月7日 木曜日

            カテゴリー 院長室

            タグ