院長室

« 12月 2019 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

加齢とは?

前回、成長期について触れましたが、反対に老年期の加齢変化を

栄養療法的に見るとどうなるでしょうか。これは一言で言うと

「タンパク質の異化亢進」です。

 

人体は皮膚も毛髪も筋肉もホルモンも酵素も、すべからくタンパク質

から作られます。さらにタンパク質はアミノ酸で構成されますが、

アミノ酸からタンパク質への合成、タンパク質を分解してアミノ酸

にする、という作業が日々体内で行われて維持されています。

 

このタンパク質への合成のことを「同化」、アミノ酸への分解の

ことを「異化」と言います。前回書いた成長期というのは何も

しないでも背が伸びたりするわけですから、「同化」が亢進して

いる状態です。逆にシワや抜け毛は否応ナシに進むものですから、

老化は「異化」亢進状態と言えるわけです。

 

異化亢進の行き着く先が死ですから、誰しもこの現象を避ける

ことはできません。しかしながら「同化」を促進させれば相対的に

異化のスピードは緩まるわけですから、老化の速度を遅くすること

は理論的に可能です。これがアンチエイジングです。巷ではこの

単語がキラーワードになっていて、アンチエイジング○○と書けば

売れるわけですが、その仕組みは異化抑制あるいは同化促進かと

言えば、全然違ったりします。

 

では同化を促進させるのに必要なものは何かと言えば、それが

ビタミンやミネラルです。これらの過不足を分析するのが栄養療法

のキモでもありますから、栄養療法は老化に対抗できるとも言え

ますね。

 

反対に異化を亢進させるのがストレスや糖過剰です。凄いストレス

を感じる仕事の後で老けて見える、というのは本当に老化が

進んでいるのです。糖過剰も同様です。ご注意を。(^ ^)

    2019年1月10日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ