院長室

« 1月 2018 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 3月 »

心不全とは

俳優の大杉漣さんが急逝されてにわかに注目されている

心不全ですが、そもそも心不全は「心臓が機能していない」

という意味で病名ではありません。

 

なぜ機能していないのかによって当然経過も治療も異なる

わけですが、大きく急性と慢性があります。例えば

心筋梗塞や急性大動脈解離は突発的に症状が出て、急激

に悪化し死に至ることもあります。逆に弁膜症や呼吸器

疾患などでは徐々に心臓機能が悪化していきます。

 

慢性心不全の場合、すぐに死に至らないとは言え日常生活

には大きな影響を与えます。呼吸が苦しい、動悸がして疲れ

やすい、むくみで重い…etc.それぞれ対症的な薬はありますが、

根本的に改善させるのはかなり難しいです。心臓はミトコン

ドリアが豊富な臓器なので、栄養療法ではビタミンB群や

コエンザイムQ10などを使用します。タンパク摂取をしつつ

ふくらはぎの筋肉を鍛えるためのつま先立ち運動も有効ですね。

 

では急性の場合はどうでしょう。急激に進行するため手を

打つ間もないことがあるので、むしろこちらの方が予防に

重点を置くべきだと思います。心臓は全身に血液を送り出す

ポンプですが、心臓そのものを養う血液も必要です。その

血管を冠動脈というのですが、この血管が詰まって心臓の

筋肉が壊死することを心筋梗塞、詰まりはないけど血流が

悪化した状態を狭心症と言います。

 

となればこの血管、血流を維持する、悪化させないことこそ

が予防になります。そしてそれはコレステロール値を下げる

ことではありません。血糖値の乱高下を招かないことです。

大杉さんがそうだったと言うわけではないですが、こういう

悲しい事例を予め防ぐ努力はしないといけません。

    2018年2月26日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ

    花粉症の本

    栄養療法の旗手、溝口徹Dr.の新刊が出ました。タイトルは

    花粉症は1週間で治る!」…またこういう挑戦的な…(^ ^;)

    もちろん内容は栄養療法でどう花粉症を捉えるか、なんですが

    平たく言えばビタミンDの重要性を説いた本です。

     

    ビタミンDについてはこれまでも何度か著書で述べられて

    いますし、溝口先生以外の栄養療法Dr.の書籍もあります。

    アレルギー疾患だけでなく、うつや癌、生理の不調なども

    ビタミンD不足が関与するようなので、実は花粉症に

    限ったことではないのですが、まあこの時期出版するから

    このタイトルなんでしょう。(笑)

     

    実際にウチでもサプリメント摂取で花粉症やアトピーが

    改善した例はありますが、なぜ不足するのかが重要です

    よね。それは食事なのか日光不足なのか、はたまた腸の

    吸収障害なのか。やはりこの視点が必要です。溝口Dr.の

    本もビタミンD推しではありますが、最終的には包括的な

    栄養摂取の重要性を強調しています。ならこのタイトルは

    どうなのよ?!とまた最初に戻るワケですが。(^ ^;)

     

    ちなみに同時期に出た宗田哲男Dr.のケトン体食の本

    併せて読むと尚よろしいでしょう。こちらも内容は

    糖質制限の推奨本で、ケトジェニックな身体にする

    重要性と方法を説いています。花粉症を治すには結局

    ここまでやらないといけないと思います。

     

    栄養療法は身体を作り変える治療法なので、かなり応用

    範囲が広い分、逆に指導や提言は結局同じ所に着地する

    ことが多いです。すると書籍もタイトルは変わっても内容は

    そんなに変わらない、となってしまいますね。お二人とも

    啓蒙活動に熱心な良い先生なので、却って苦労してみえる

    と思います。

      2018年2月22日 木曜日

      カテゴリー 院長室

      タグ

      Bスポット療法の本

      慢性上咽頭炎に対する塩化亜鉛塗布をBスポット療法と言い

      ますが、この度この治療の第一人者である堀田修先生の

      新刊「つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい

      が出版されました。

       

      堀田先生の著書はこれまでも何冊か出版されていますが、

      今回の本はイラストなどを多用しており取っつきやすいです。

      またBスポット療法に付随するセルフケアなども紹介されて

      いるので、とても充実した内容だと思います。

       

      そもそも慢性上咽頭炎は認識されていないだけで、結構

      昔から言われている病態です。鼻閉や後鼻漏などの耳鼻科

      的症状だけでなく、頭痛、不眠、アレルギーなどとの関連

      もあるようです。最近では副腎疲労の治療にも用いられる

      ようになって、栄養療法業界でも注目されているんです。

       

      Bスポットという名称は “鼻咽腔” の “び” から来ている

      という何ともお茶目な理由ですが、海外からの問い合わせ

      などに説明が難しいらしく(笑)、最近では上咽頭擦過

      療法の(英語の)頭文字でEATと表現しているようです。

      ま、その方がいいでしょうな。

       

      実は来月の健康教室はこの上咽頭炎をテーマに実施する

      ので驚きのタイミングなんですが、この本を読まれると

      僕が話す必要がなくなるじゃん、という側面も。(笑)

      でも巻末の実施医療機関にウチも載せた都合でしばらく

      当院でもこの書籍を販売しますので、ご興味がある方は

      お申し付けください。その上で健康教室も参加して

      頂けると尚良し。(^皿^)

       

      Bスポット療法は程度がひどいほど痛い治療でもあるので

      ちょっとハードルは高いですけど、一考する価値はある

      と思います。

        2018年2月19日 月曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ

        『東洋医学とはりのお話し その28』ができました

        立春を過ぎ、暦では春となりました。

        しかしながら、昨日は雪がちらつくこともありまだまだ寒いですね。

         

        月に一度発行している『東洋医学とはりのお話し その28』ができました。

        今回は、春の過ごし方についてです。

        私たちの身体は、自然界からの影響を受けます。春には春の養生法があり、

        それに反すれば健康を害します。

        これらについて、簡単にまとめましたので興味がある方はぜひどうぞ。

        会計窓口に置いてあります。

         

        今週の予約状況です。

        2/19(月) 2/20(火) 2/22(木) 2/23(金) 2/24(土)
        午前 ×
        午後

        〇…空きあり △…一部空きあり ×…空きなし

          2018年2月18日 日曜日

          カテゴリー はりの部屋

          タグ

          病後におかゆ

          インフルエンザの猛威もやっと落ち着きを見せてきました。

          これだけ蔓延したのはA型とB型が同時流行したのが原因の

          一つですが、そもそも人間の免疫力が落ちているのも大きい

          のではないかと思っています。

           

          それはさておき。風邪の後や、手術後などの回復期には

          「消化の良いおかゆ」を食べることが何となく常識になって

          います。普段糖質制限をしている人でさえも、疑いなく

          おかゆを食べていたりします。

           

          おかゆに限らず糖質は分解に胃酸を必要としないので、

          消化吸収に長けているのは事実です。病後の弱った胃腸に

          適していると思われるのはこの道理だと思います。しかし

          ながら、やはり血糖値の乱高下を招いてしまうので

          それによる不調も不可避だったります。さらに糖質は

          カロリーにしかならない、つまり身体の部品にはならない

          ので病後に糖質を摂取するのは、車が故障しているのを

          給油だけで修理しようとするようなものです。

           

          身体の部品になるのはタンパク質だけなので、病後ほど

          タンパク摂取を増やすべきなのですが、一方でタンパク質

          の消化には胃酸が必須です。またうまくタンパク質が吸収

          されてもカロリー不足下では折角摂ったタンパク質が

          カロリーに使われてしまい部品にはなりにくくなります。

          悩ましいですね。そもそも風邪のすぐ後に肉をガッツリ!

          ってのも無理があります。(^ ^;)

           

          そうすると、動力になるカロリーと部品になるタンパク質

          を同時に摂取できて、かつ美味い物(笑)が望ましいわけ

          ですが、正直そんな都合の良い食材はありません。サプリメント

          の有用性はこういう場面で発揮されるのですが、食材で

          勝負するならば、豆腐、卵、ココナッツバターが良いかと

          思います。豆腐を砕いて卵とじにし、醤油や天然塩で

          さっぱり味付けをする。そしてデザート(?)にココナッツ

          バターを一口パクッと。自分だったらこうするかな。

          ココナッツバターは実をすり潰して作るので少量の糖質が

          含まれることを逆手にとるわけです。

           

          残念ながらインフルエンザに罹患されてしまった方もこんな

          レシピで早く良くなって下さいね。(^ ^)

            2018年2月15日 木曜日

            カテゴリー 院長室

            タグ