院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 12月 »

「ブレードランナー2049」/「ローガン・ラッキー」

今年はもうそんなに期待作がねーなー、と思っていた矢先、

良い意味で裏切られた2作品です。

 

まず「ブレードランナー2049」。80年代のSF映画の

金字塔(と言われている)の正統続編。35年後の世界を

描いています。正直僕は、タイムリーで観ていない上に主人公

が大して格好良くないし世界観も好きではなかったので、

今や売れっ子のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がよくこんな

ハードルの高い続編作品を引き受けたな、で、どう仕上げた?

的へそ曲がりな興味で鑑賞しました。(^ ^;)

 

…いや、すげー。そして、すげー。なぜ2回言うか、まずは

この続編の方が面白いという点、そしてしっかりこの監督の

作風になってしまっている点。脱帽です。リドリー・スコット

も腰抜かしたんじゃないかしら。オープニングの構図から

前作を踏襲していて、アジアンチックな雰囲気も引き継ぎ

ながら物語の核である人間とレプリカントの関係をしっかり

描きかつ自分の色で演出し切るという超偉業を成し遂げました。

恐るべし。主演のライアン・ゴズリングさんも見事に期待に

応えています。前作鑑賞が必須なのが難点ですが、今からでも

観て今作を鑑賞する価値は十二分にあります。さらに2回目

も観たくなるでしょう。

 

そして「ローガン・ラッキー」。2013年に引退宣言したのに

もう撤回しちゃったスティーブン・ソダーバーグ監督の作品です。

 

でもやはりこの監督は面白い。今作は不運な人生を打破すべく

現金強奪を目論む兄弟たちのお話。これだけ聞くとむしろ

反感を買いそうな設定ですが(^ ^;)、これがまた不自然に

感じることなく引き込まれます。これは出演陣の上手さに

依るところが大きいかな。いきなり子役が上手いもの。

 

主演のチャニング・テイタムさんとアダム・ドライバーさんに

加え、ダニエル・クレイグ、ライリー・キーオ、トドメの

ヒラリー・スワンク、と技巧派目白押し。犯罪ものですが

脚本がテクニカルでサスペンスとしてもなかなかのものです。

さらにコミカルな演出もあって意外と全方向性に楽しめる

作品に仕上がっています。ちょっと終盤展開について行け

なくなる感はありますが、こちらもとても楽しい作品でした。

 

いやー、拾いモノどころかどちらも必見の作品でした。

あぶないあぶない。でもジャスティス・リーグは観ない

かな。(笑)

 

    2017年11月30日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ

    正しいこととできること

    僕の治療の進め方は、薬物療法、運動療法、食事療法の

    3つを病態に合わせて、あるいは社会性に合わせてバランス

    を考慮して提案する、というものです。特に近い将来

    訪れるであろう保険制度の変革に備えるにはセルフケアや

    予防医学が重要になるでしょうから、運動と食事の分野に

    重点を置いています。

     

    運動療法と食事療法は経済的で予防に繋がる反面、面倒

    ですよね。知ってます。(笑)僕も色々と勉強している

    つもりですが、全て知っているわけではないので、提案が

    その方にとって最適かどうかはいつも気にしています。

     

    この分野ではこれが正解!ってのは無いし、教科書通りに

    行かないことなんてザラなので、現状自分や家族で実践して

    みて良さそうだ、と判断できるものを正義(?)として

    捉えています。

     

    そうすると、教科書的に「正しいこと」をやってもらう

    よりも「できること」をあぶり出すことの方が大事だと

    気付きます。糖質過剰の方に糖質制限は正しいですが、

    その人はまず何ができるのか、を考慮しなければ大抵

    うまくいきません。運動療法もまた然り、です。

     

    患者さんからすると、医師の発言は絶対的なもののよう

    に捉えられがちですが、こういった生活習慣を変える

    治療は習慣が人それぞれである以上、やり方も千差万別

    なはずです。まずはできることって何だろう、これな

    できそうだ、こんな会話が診療でできるようになると

    いいですね。

      2017年11月27日 月曜日

      カテゴリー 院長室

      タグ

      クリエイターズマーケット

      12月9、10日の二日間、ポートメッセなごやでクリエーターズマーケット

      が開かれます。

      会場には、モノづくりを仕事にしている人や趣味でやっている人が作った

      家具や食器、絵、アクセサリーなどさまざまなジャンルが集結します。

      ここでしか買えないモノや一点モノもあり、会場の熱気はすごいです。

      出品者とお話しをすると、楽しそうに熱く語ってくれますので、こちらも

      何だかうれしくなります。

      僕も趣味のモノクロ写真を仲間と出品します。

      どんな出会いがあるか、楽しみです。

       

      今週の予約状況です。

      11/27(月) 11/28(火) 11/30(木) 12/1 (金) 12/2 (土)
      午前 × ×
      午後

      〇…空きあり △…一部空きあり ×…空きなし

       

        2017年11月26日 日曜日

        カテゴリー はりの部屋

        タグ

        靴のこと

        この寒さの中、クロックスやサンダルだけで過ごして

        いる方はさすがにいないと思いますが(^ ^;)、今

        履いているブーツはどうやって選んでいますか?

         

        女性ですと、結構起毛の裏打ちがしてるものが多い

        のではないでしょうか?防寒を優先しますよね。別に

        全く間違ってはいないんですが、よく見かけるのは

        “ゆるい” ブーツを履いている方です。

         

        起毛のものだと厚みがあるのでワンサイズ上を選んだり

        してしまって、結果として足部はゆるい状態で歩行して

        いるようです。ある程度仕方がないのですが、ゆるい

        靴で歩行をすると、靴の中で足が滑らないように趾が

        常に踏ん張った状態になります。

         

        これは足が硬直しているのと同じで、しっかりアーチ

        が使えません。結果として、歩く衝撃が全部足首から上、

        膝や腰に響きます。さらにゆるいと、靴が脱げない

        ように足首を反らせるように力が入り続けるので、

        拍車をかけます。

         

        温かそうな靴を選ぶのはOKですが、さらにしっかり

        フィットするかどうかを選択基準に入れてください。

        特に足の甲の部分でしっかりホールドできるものが

        理想です。靴選びは全身に影響します。

          2017年11月20日 月曜日

          カテゴリー 院長室

          タグ

          お試し鍼

          当院では、東洋医学に基づいたはり治療を行っています。

          手技においては、症状にもよりますが基本的にはりは刺さずに

          施術をします(接触鍼といいます)。

           

          治療目標は、五臓の働きをしっかりとさせ健康になることです。

          五臓の働き、すなわち根本にアプローチすることで、痛みなどの

          症状が改善すると考えますので、継続的な治療が必要です。

          養生法もお伝えしていますが、健康に良いと思ってやっていた事

          が実は逆効果だった…なんてこともあります。

          また、機械を使わない人対人の治療ですので相性もあります。

           

          興味はあるけど、迷っている方は「お試し鍼」をお勧めします。

          1回1,000円(15分程度)で体験できますよ。

           

          今週の予約状況です。

          11/20(月) 11/21(火) 11/24(金) 11/25(土)
          午前 ×
          午後

          〇…空きあり △…一部空きあり ×…空き無し

            2017年11月19日 日曜日

            カテゴリー はりの部屋

            タグ