院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 10月 »

「ダンケルク」/「三度目の殺人」

和洋の旬の監督による最新作が偶然にも同時期に公開されたので

夏休みの鬱憤を晴らすがごとく早速鑑賞してきました。

 

まずはクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」。第2次

世界大戦時にあった英国軍の実際の撤退劇を描いた作品です。

ダンケルクという町に追い詰められた英仏連合軍の兵を軍民協力

して40万人という途方もない人数を引き上げさせた史実を描いて

いますが、とにかく分かりづらい。そもそもこの作戦のことなんて

初耳だし、登場人物もほとんど説明じみたセリフを発しない。説明

セリフの多い映画には辟易しますが、今作はまた極端なんす。(^ ^;)

 

しかしながら、これまでのノーラン作品同様、映像はとんでもなく

臨場感たっぷりでまさにそこに居るかのような錯覚を覚えます。

さらに史実ゆえに結末も分かってしまっているため、脚本が凝りに

凝っています。陸、海、空の3場面をうまく絡めながら並行して

描きます。これらのため100分程度の尺ながら、もの凄い緊張感

の連続です。個人的には「ダークナイト」シリーズや「インターステラー」

の方が好みですが、こんな挑戦をし続ける姿勢には脱帽です。

 

そして和の方は是枝裕和監督による「三度目の殺人」。ある殺人

事件の容疑者とその弁護人、家族を描いたサスペンス…かと思って

いたら裏切られます。殺人を自供している容疑者、その罪を軽くする

ことだけが仕事だと自負する弁護士、被害者の真実を言えない家族…

これは綺麗事では済まされない現代社会への諦観と嘲笑を描いた

法廷を舞台に借りた社会映画です。

 

はっきり言って答えは提示されません。観客はモヤモヤした展開に

いらだつでしょうし、度々挿入される暗喩にもしかしたら不快を

感じるかも知れません。でもそれが狙いでしょうし、それでも

惹きつけるキャストの演技が素晴らしいです。特に主演の福山雅治さん

は、確実に一皮むけた感があります。

 

同監督の「そして父になる」でも良い演技をしていましたが、

本当に父となって(笑)肩肘張った感じが抜けて、むしろ迫力が

増しました。役所広司さんとの2人だけのやりとりは鳥肌モンです。

こちらも「ダンケルク」に劣らず挑戦的な作品で鑑賞後結構ぐったり

しますが、ノーラン作品に肩を並べられることは誇って良いと思います。

「三度目」の意味をあれこれ思索するのも楽しい。

 

偶然にも同じような質の和洋の作品が、同時期に封切りされた

ことが誰かの作為ならこれこそミステリィですが、とにかくどちらも

観ている間中ヒリヒリとさせられて本当に気分が悪くなるような、

まさにこれぞ映画、を実感しました。

    2017年9月14日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ