院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 10月 »

Bがカギ

めっきりと朝晩は涼しくなり過ごしやすくなりましたが、この

気温差のせいか風邪が増えますね。まずは漢方薬で対応すること

がほとんどですが、中には何度もひく方や、非常に経過が長くなる

方がみえます。

 

そんな方々にBスポット処置をしてみると大概かなり出血します。

つまり上咽頭炎がベースにある、ということです。上咽頭炎は

肉眼的には診断できないので、Bスポット処置をしないと分から

ないのですが、結構痛いしそもそも鼻の穴に綿棒を突っ込むので

怖いですよね。(^ ^;)

 

けれどもこの痛みや出血量が治療の指標にもなるので、結構重要

です。また、上咽頭炎は慢性の炎症ですので、抗炎症ホルモンが

持続的に消費されます。このホルモンは炎症を抑える以外にも

アレルギーを抑えたり、疲れを取ったり、ストレスに対抗したりと

極めて重要な役割を果たしているので、上咽頭炎があるだけで

様々な症状を呈する可能性があるのです。

 

これまで毎年決まった季節に風邪をひくとか、疲れた時に決まって

風邪をもらってくるとか、あるいは慢性疲労で常にくたびれている、

なんて症状をお持ちの方は、一度勇気を振り絞って(笑)Bスポット

の処置をしてみてはどうでしょう?

 

あと自費にはなってしまいますが、ビタミンDの血中濃度測定も

オススメです。最近新しいビタミンDの書籍も出版されましたが、

病気を遠ざける!1日1回日光浴

免疫だけでなく、腸内環境や脳にも大きな影響を及ぼすビタミンD

はとても重要な栄養素です。日本人は日光を避ける傾向にあるので

知らずビタミンD不足になっている方が多いと思います。こちらも

是非チェックを!

    2017年9月4日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ