症例報告

« 8月 2019 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

半身浴のススメ

ウチでは漢方薬やAKA-博田法、遠絡療法など主に

慢性疾患に対する特殊な治療法を提案していますが、

終局大事になるのは「いかに予防するか」です。


症状が治癒しても、またすぐに再発してしまってはあまり

意味がありません。特に医療保険が破綻し、超高齢化社会と

なっている日本では、将来、病院にかかるのに年齢制限がある、

なんてことも冗談ではないかも知れません。


だとすると、いかに健康な体を保つか、がまさに生死を分ける

重要な課題になってくるわけです。

そこでまずオススメなのが半身浴です。昔から色々なシーンで

「半身浴はいいぜ!」と言われてきましたが、その主たる効果は

副交感神経の刺激です。


慢性の原因不明な病態にはほぼ100%自律神経の不調が絡んで

います。ストレスが多い現代人には、健康だと思っている人でも意外と

自律神経の不調があるものです。

その不調を正すために良いのが半身浴です。みぞおちまで38℃くらいの

湯につかり、15~30分ぼけ~っとしましょう。上半身が寒いようなら

タオルをかけて入りましょう。肌に“玉の汗”が浮き出てきたら程よく

温まっている証拠ですよ。

    2010年8月22日 日曜日

    カテゴリー 症例報告

    タグ

    プラスモイスト TOP

    湿潤療法で使用される、というか湿潤療法の産みの親である

    夏井先生が開発に携わった被覆材、それがプラスモイストです。

    創面に直接当てて、適度な湿潤環境を保つ効果があります。

    もちろんウチでも以前から使っていましたが、この度新商品

    「プラスモイスト TOP」が発売されました。


    どの辺が「TOP」なのかというと、創面にあてる部分だけの

    素材になり、浸出液の量により吸収素材を適宜(各自で)貼りつける、

    という構造になっています。つまり

    プラスモイスト-吸収層=プラスモイストTOP

    と言う訳です。そのおかげで値段が約4分の1になりました。

    結局なにが「TOP」なのかは分かりません(笑)。


    使ってみた感じでは、ガーゼなどの吸収素材を別個用意して貼らなければ

    いけない分手間ですが、浸出液の多い創には適していると思います。

    そして価格が安いのが助け。病院では一般よりは多少安く入荷できるものの、

    患者さんには請求できないので、病院持ちで使うしかないのです。

    なので、仕入れ値が安くなるのは素直に助かります。


    夏井先生のサイト「新しい創傷治療」にも掲載されていますが、プラスモイストは

    ネット通販ができるようになっておりますので、一家に一袋!常備しておくと

    良いかも知れません。


    ネット通販はコチラ↓

    http://anziana.shop-pro.jp/


    ちなみに最近、夏井先生が連続してテレビ出演して湿潤療法を紹介している

    せいか、著書が売れているみたいで、ウチで設置販売している先生の書籍も

    入荷できない状態です。テレビの影響ってすごいね。

      2010年8月5日 木曜日

      カテゴリー 症例報告

      タグ

      妙案

      湿潤療法は創をきれいに治せる治療法ですが、

      決して「なかったこと」にはなりません。

      しかも新しい皮膚は日光刺激で色素沈着を起こすこと

      があり、傷跡を目立たなくするためには、治癒してからの

      遮光が重要になります。

      特に今の季節、日差しが強いですから創傷でみえた

      患者さんには、約3カ月の遮光を指導しています。


      しかしながら子供の場合、遮光の必要性なんか理解していません

      から、せっかくサポーターなどをあてても外してしまったり、汗でかゆく

      なったりでうまく遮光ができないことがしばしばあります。

      そんな中、先日みえた患者さん(のお母さん)にとても良い方法を

      教えて頂きました。


      それは運転の時などに日焼け対策として使用するアームカバーを加工して

      する方法です。もともと紫外線防止の素材ですから、素材はバツグンです。

      それを短く切って、片側だけにゴムを通すなどして、フィットするようにする。

      こうすると、通気性も良くて皮膚のトラブルも起きにくいです。


      いやはや、ナイスアイディア!もちろん、大人にも適応できます。

      ま、大人は日焼け止めクリームの方が手っ取り早いですけどね。


        2010年7月29日 木曜日

        カテゴリー 症例報告

        タグ

        シップ下さい

        いつぞやの事業仕分けで仕分け対象に上っていた

        湿布薬ですが、これは仕分けされてもいいかな、

        と思っていました。

        正直、病院で扱うものと市販のものとでそんなに

        効果に差はないですし、病院をシップ屋さんだと

        勘違いしている患者さんもいるし。(笑)


        そもそも皮膚と言うのは、外界からの侵襲を防ぐ

        バリアの機能があります。しかも新しい皮膚をどんどん

        作って古いものは垢として脱落していきます。

        つまり内から外に向かうベクトルがあるわけです。

        そんな皮膚のベクトルに逆行するように湿布を貼って、

        「痛みどめ成分が深い所まで届く!」

        なんてのはマユツバだと思います。


        使ってはいけない、ということではないですが湿布だけで

        治る、なんてところまでの信用は少なくとも僕には

        ありません。

        また、湿布には「冷やす」「温める」効果はあまりないので、

        温湿布、冷湿布の使い分けも正直患者さんの“気持ちよさ”が

        基準だったりします。


        とはいえ、「湿布はるとええんじゃわあ。」という患者さんがいるのも

        事実。そんな時はシップ屋さんに徹しています。(笑)

          2010年7月14日 水曜日

          カテゴリー 症例報告

          タグ

          梅雨はイヤ

          最近しょうもない話ばかり書いていて、ちゃんと仕事を

          しているのか怪しまれそうなので、症例の話を。(笑)


          この季節、気圧の変動が激しく体調を崩す人が結構

          多いです。

          雨の日の前は頭痛がする、とか、天気が悪いとむくんで

          しょうがない、とか。中には気分的にふさぎこんでしまう

          なんて場合もあります。


          これらの根っこは同じで、「水分調整が上手くいっていない」

          ことが原因です。ですから、めまいだろうが、頭痛だろうが、

          倦怠感だろうが、金欠だろうが(?)、水分調整を助ける

          薬を使うと軽減されます。


          特に使うのはかの有名な(笑)二日酔いの薬、五苓散ですが、

          首から上に症状が集中する場合は、苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)

          という薬が効きます。この薬は水分調整だけでなく、「気」の

          巡りも助けてくれるので、不安や不眠などの症状が出ている

          人には第1選択かも知れません。


          こういう気圧の変化に伴う症状は圧倒的に女性に多いですが、

          なぜそうなのかは分かっていません。ちなみに僕はありません。

          きっと女性の方が、敏感で繊細だからでしょうね。

          うん、いいまとめ方だ。

            2010年7月5日 月曜日

            カテゴリー 症例報告

            タグ