症例報告

« 8月 2019 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

指尖部損傷

経験のある方なら分かると思いますが、指先のキズって

とても血が止まりにくいんです。

特にスライサーなどで削いでしまったキズはなかなか

止まりません。

こんな時、指の根元を縛って止血!

はしないようにして下さい。静脈血の還流を阻害してしまって

指先に血が溜まり、却って出血は止まらないハメになります。

正しくは出血部の圧迫。程度によって時間はかかりますが

これだけで止血できます。

「あ、やっちゃった!」と思ったら、とりあえずティッシュやタオルで

圧迫して病院へ行ってください。


医療用材料としては、アルギン酸塩という素材が止血効果が強く、

あんまりずっと圧迫できない時や、全く止血できない時はこれを使います。

併せて湿潤環境も保てるので、重宝します。

    2010年11月9日 火曜日

    カテゴリー 症例報告

    タグ

    急に肩が痛い!

    と聞くと、骨折などの外傷、五十肩が頭に

    浮かびまずが、意外と見逃されがちなのが

    石灰沈着性腱炎です。

    これは肩の筋肉に石灰が沈着して起こる炎症で

    (そのまんまやね 笑)、非常に痛いです。

    特徴として夜間の激痛、明確な圧痛がある、などが

    ありますが石灰はレントゲンに写るので診断は簡単です。

    原因はよく分かっていませんが、ステロイドの局所注射が

    著効するので見逃すとかわいそうな疾患の一つです。


    漢方をやっていると、ついつい漢方でなんとかしたろう!

    という発想になって基本的な診断を疎かにしがちです。

    これはAKAや遠絡にも言えることで、自分の武器に固執

    するとイタイ目に遭うこともあるんです。まあ武器に酔うほどの

    ウデでもないんですが。(^ ^;)


    やはり患者さん優先の治療選択と、バランスの良い診断力が

    大切だと思います。

      2010年10月28日 木曜日

      カテゴリー 症例報告

      タグ

      ねんざの季節!?

      運動会シーズンだからか、子供の外傷が

      多いです。たまに父兄参加の競技に出場して

      ぶっこけたお父さんも来ますが。(笑)


      外傷の場合はとにかく腫れを早く取ることが

      重要です。腫れが引かなければ痛みも引きにくい

      ですし、腫れが持続した時間に比例して治るまでの

      時間も長くなる傾向があるからです。

      痛み止めの薬には腫れを引かせる作用はほとんどない

      ですから、痛み止めに頼るのは危険です。

      まずはしっかり局所の安静と冷却が基本中の基本です。


      そしてここでも漢方を。急性の病態だからと言って漢方は

      使えないことはありません。腫れが強い場合、そこに

      「血」が溜まっていると考えますから、血流を改善する方剤を

      選びます。具体的には桂枝茯苓丸が第1選択です。

      さらに溜まった血を捨てる作用のある治打撲一方という方剤を

      足すと効果的です。ただ、治打撲一方は便通をつける働きが

      あるので、下痢に注意です。


      …とここまでを患者さんに説明するんですが、一通り話して、

      「粉はゼッタイ飲めない!」

      なんて言われてガックリくることもあります。(^ ^;)

      “良薬口に苦し”って学校で習わんのかな?(笑)

        2010年10月26日 火曜日

        カテゴリー 症例報告

        タグ

        お手軽湿潤療法

        湿潤療法を希望して来院される患者さんの

        中には、他院での治療に疑問を持って検索した、

        なんて方が少なからずみえます。


        本来、保険で行う医療に「当たり外れ」があっては

        いけないのですが、新しい治療法が世に出る時は

        仕方が無いとも言えます。


        で、とりあえず自宅でできる湿潤療法の紹介を。

        湿潤療法は特殊な治療というワケではなく、要は

        「キズの治癒に最適な環境を整える」だけですので

        家庭にある材料でも十分できます。


        キズ(やヤケド)の部位に、数カ所穴を空けたラップを

        のせます。その上からティッシュやハンカチをのせて

        テープで固定します。

        以上。

        キズは乾燥させないで滲出液は吸い取る、という

        仕組みを作ったわけです。

        ラップに穴を空けるのが面倒なら台所の三角コーナーに

        入れる穴あきポリ袋を使用してもいいでしょう。


        この状態で来院していただけると大変助かりますし、

        軽傷なら、治っちゃうかも知れません。

        商売あがったり。(笑)


        市販で「キズパワーパッド」や「カットバンモイスト」

        という商品がありますが、これらでも湿潤療法が可能です。

        ただし、これらはあまり滲出液を吸収しないという欠点があります。

        あとサイズが小さいので大きなキズには不向きかも。

          2010年10月8日 金曜日

          カテゴリー 症例報告

          タグ

          乾燥してきた

          一気に気温も下がり、秋をとばして冬がすぐに

          やってきそうな勢いですが、空気も乾燥してきましたね。

          この季節、定番(?)の手や踵のひび割れ、肌の過敏

          が増えてきます。


          漢方的にはこれは“血虚”といって血液の足りない状態が

          原因と言われています。方剤としては「血を補う」、補血剤

          というグループの薬を使用します。具体的には四物湯や

          当帰芍薬散、十全大補湯などが有効です。


          また、物理的に乾燥させない手段ももちろん有効なので

          ワセリンを頻回に塗るのも必要です。

          間違っても尿素配合クリームを使わないように!

            2010年9月28日 火曜日

            カテゴリー 症例報告

            タグ