院長室

« 1月 2020 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

漢方薬解説 苓桂朮甘湯

漢方薬解説5回目は頭文字命名シリーズ(?)で苓桂朮甘湯を紹介

します。めまいの薬、として認知されていますが、さてその生薬構成

はどうなっているでしょうか。

 

・苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ 39番)

構成:茯苓6g+桂皮4g+蒼朮3g+甘草2g

 

厳密には頭文字ではなくなっていますが(^ ^;)生薬名を並べた

命名法の漢方薬の一つです。一番多く配合されている茯苓(ブクリョウ)

という生薬そのものにめまいを抑える効果があるのですが、桂皮

が“上から下に降ろす”効能を持つので茯苓+桂皮とすることで効果

が高まります。蒼朮、甘草も水分バランスを整える作用があるので

補助的に働きます。

 

非常にシンプルな構成なので速効性が期待でき、結構頻用されます。

まためまいだけでなく「頭部の水分代謝改善薬」と捉えて、耳鳴や

頭痛、さらにはイライラ・不眠に応用されたりもします。これも

降下作用のある桂皮が配合されているからこそです。

 

この薬の桂皮の代わりに乾姜(カンキョウ)を配合した薬もあるんです。

 

・苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ 118番)

構成:茯苓6g+乾姜3g+白朮3g+甘草2g

 

桂皮がないので頭部症状にはあまり適応はありません。茯苓が6g

ありますからめまいに効かないわけでは無いですけど、この薬の

キモは乾姜です。これは乾かしたショウガのことで非常に強い加温

効果があるので、一転して冷え症の薬となります。他の3生薬は

全て水分調整に働きますから「むくんで冷える」タイプによく効く、

ということですね。

 

保険適応病名に腰痛が含まれるため、痛み止めみたいなノリで

使用されることがありますが、上記タイプでなければ効果は期待

できませんし、そもそも4つの生薬に鎮痛効果はありません。

39番と118番では蒼朮と白朮という差もありますが、大差は

ないものの蒼朮の方は鎮痛効果があるため、腰痛に効かせるなら

白朮じゃ無くて蒼朮を用いるべきかな、とは思います。細かい

ですが。

 

では、めまいも冷えもむくみも痛みもある場合はどうしたら

良いか。そうです、合わせちゃいましょ。(笑)甘草が多くなり

ますが併用でも4gなので副作用は出づらいでしょうし何より

ほとんどの生薬がカブりますから生薬数が増えず速効性が維持

できる、というのがメリットです。生薬数が増えるほど速効性が

落ちますからね。生薬構成を知っていると合わせ技もしやすい

んですよ。

 

さあ、この流れで行くと次回の解説はアノ薬かなー、なんて想像

してもらうと楽しいかも。当たっても何も景品ないですが。(笑)

    2020年2月10日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ