院長室

« 11月 2019 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

VD検査プチ革命

栄養療法業界(?)ではビタミンDの不足を重要視しています。

骨の代謝のみならず、各種アレルギー性疾患、うつ、悪性腫瘍

などに関連することが分かっているからです。

 

さらに小腸粘膜の吸収能力を左右し、また副腎ホルモンと同族

であることから副腎疲労との関連も想定されます。極めて重要な

ビタミンなんですね。特に日本人は低値のことが多く、上記

疾患が日本で多いこととの関係性がありそうです。

 

ビタミンDは活性型と非活性型がありますが、必要に応じて

非活性型から活性型に変換されるので、重要なのは非活性型の

量になります。血液検査で見ているのはこの非活性型です。

この検査が自費扱いで、これまで6500円を頂いて行って

いましたが、重要な項目とは言えコストフルなのと結果が出る

までに3週間前後かかるのがネックでした。サプリを飲まれて

いる場合は経過フォローにまた検査が必要なので尚更…

 

それが、ついに、なんと、これらを解決する新しい検査法が

登場したのです。これまで同様血液検査で、3000円で

できるようになったのです!しかも検査結果も早ければ数日で

分かります!何と言うことでしょう!あれ?興奮してるの

僕だけ?(笑)

 

安くて早くても、これまでの方法でのデータと差が出ては診断

が狂ってしまうのですが、同一検体で同時に検査してもほぼ

同値でしたので、これもクリア。さらに他の項目と時間差で

結果が出るためレポートが別紙扱いでしたが、これからは同時に

出るため紙が減る。これも地味に嬉しい!あれ?興奮して(略)

 

冒頭に書いたようにビタミンDはかなり重要です。コストダウン

で多くの方が利用できるようになるのは福音と言えましょう。

直近やられた方には申し訳ないのですが、これからずっとこの

価格ですので、実施を悩まれていた方も是非やってみてください!

    2019年11月25日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ