院長室

« 11月 2019 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

風邪にビタミンC?

ここ数週は一宮市でも数人、インフルエンザの感染報告があります。

例年よりも早いのでイヤな予感がしますが、インフルエンザだろうが

普通の風邪だろうが、感染症対策にビタミンCは有効です。

 

ウィルスや細菌、異物が身体に入り込んだ時、それを排除するために

白血球が動員されます。その白血球が移動する時にビタミンCが必要

なんですね。ビタミンCが風邪の治療や予防に使用される理由はここに

あります。

 

食材では、一般にはレモンがよいイメージですが、現実的に毎日何個も

レモンを食べることは難しいので、ブロッコリーやパプリカがお勧め

です。サラダやメインの付け合わせに摂ると良いでしょう。市販の飲料

やタブレット類も多くありますが、ビタミンCは非常に酸化しやすい

性質があるので、酸化防止剤も多く含まれることに注意せねばなり

ません。そもそも含有量表示通りに入っていないものも多いし。(^ ^;)

 

また、ビタミンCは必要臓器から順に配られる性質があり、一番は

副腎です。白血球は3番目くらいなので、副腎疲労がある方は副腎での

ビタミンC消費が激しく、白血球にまで行き届かないため感染症を

繰り返す、なんてこともあります。当然ながら副腎に負担をかけない

生活も風邪予防になるということです。いつも言ってるアレです。(笑)

 

あとビタミンCの吸収は400mg〜600mgを境に低下する性質が

あるので、一度に大量摂取するのは非効率的です。サプリメントなどを

利用する場合は少量頻回の方がベターです。ウチで採用している

チュアブルタイプのビタミンCは1粒200mgかつ水不要なので、

摂取しやすくこの時期とても重宝します。子供も食べられるし。

 

ちなみにシミなどでもビタミンCがよく使用されますが、皮膚は白血球

よりも優先度は下なので、効果には非常に個人差があります。ここでも

やはり副腎のトリートメントが重要ってことですね。いつも言って(略)

    2019年10月10日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ