はりの部屋

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アルコールとイライラ

毎日アルコールを摂取する方のご家族が、

 

イライラしやすくなった

以前は、あんなことで怒らなかったのに…

 

とおっしゃっていました。

 

禁断症状が出ると怒りっぽくなったり、そわそわと落着きがなくなることがあります。

 

アルコールを摂取し続けると、なぜイライラ、そわそわするのでしょうか?

東洋医学的に解説します。

 

東洋医学の考え方に「陰陽」の概念があります。

これは、あらゆるものの性質を陰と陽に分けて捉えるものです。

例えば、

陽…昼、動、熱、上、明るい

陰…夜、静、寒、下、暗い

となります(ただし、分類は相対的なものです)。

一日の中で朝→昼→夜と変化し、また朝が来るように陰と陽はバランスをとって変化しています。

 

アルコールは、「陽」の要素が強い飲み物です。

お酒を飲むと身体に「陽」の要素が入るため、身体のバランスは陽(熱)に傾きます。そのため、顔が赤くなったり火照ったりするんですね。

 

イライラやそわそわは、落着きのない状態=動の状態ですから、陽になります。

アルコールによって身体が陽に傾いたため、このような状態となるんですね。

 

ちなみにウコンは、身体を冷やします。冷やすので「陰」の要素です。

飲酒で「陽」に傾いた身体を、ウコンで冷やすことでバランスを取っているんですね。

    2019年9月21日 土曜日

    カテゴリー はりの部屋

    タグ