院長室

« 5月 2019 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

血圧コントロール

相変わらず日本人の事故以外の死因第1位はガンなんですが、

2位も3位も常連の心疾患と脳疾患です。両方とも血管障害が

関連するので、血圧コントロールの重要性が声高に叫ばれます。

 

しかしながら、心筋梗塞や脳梗塞は「血流不足で壊死」すること

がその本態なので、血管病変で眼を向けるべきは動脈硬化です。

高血圧も動脈硬化の結果ですから、そりゃ脳梗塞や心筋梗塞と

関連あり、となってしまいますが、血圧を頑張って下げても

動脈硬化が放置されれば梗塞の危険性はあまり減らないかも知れ

ません。血圧コントロールの目標値が厳しくなっても、梗塞に

よる死亡が減らなければ意味ないですもんね。

 

一応学会の姿勢として、薬物療法よりもまずは生活習慣の改善を、

と言っているのは素晴らしいのですが、その内容は塩分と動物性

脂肪の制限ですって。(^ ^;)それを言い続けてこの結果なんだけど、

とツッコミたくなります。

 

制限すべき塩分は「精製塩」ですから、未精製の海塩や岩塩は

あまり対象ではありませんし、これから暑くなって汗が多くなれば

むしろ多めに摂る必要があります。動物性脂肪の制限も恐らく

動脈硬化した血管にコレステロールが沈着していることから

提言されているのでしょうけど、そもそも沈着したコレステロール

は食事由来のものではありません。

 

動脈硬化は血管内皮の障害から始まるので、それを何とかしない

といけない。それは即ちストレス、酸化、酸欠対策です。じゃあ

そのためにはどうするか、という順番で組み立てる必要があり

ます。結局それはガンの対策にもなります。ゲノム解析して

オーダーメイドの抗がん剤を選ぶ、なんてニュースもありましたが、

何だかなぁ、という感じです。(^ ^;)

    2019年5月30日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ