院長室

« 5月 2019 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

大麻の是非

また著名人が大麻で逮捕、となりました。著名人に留まらず若年層

での使用も増えているそうなので、他の薬物に比して広く使われて

いるのが実情なんでしょう。

 

是非、と問われれば法律的にはもちろんNGなので、「非」に

決まっているのですが、度々大麻の規制緩和が叫ばれますよね。

高樹沙耶さんの訴えなんかが有名です。曰く、医療用大麻は

危険どころか有益なんだ、と。世界では普通に治療に使用されて

いるのに日本は遅れている、救える可能性があるのに無慈悲だ、

と言ったところでしょうか。

 

まあ実はその通りなんですが、医療用大麻というのは存在しません。

大麻にはカンナビノイドという様々な成分が含まれるのですが、

その中のカンナビジオール(CBD)というカンナビノイドが治療に

有効だというのが分かっているのです。しかも癌やうつ、

各種免疫疾患など一般には難治と言われている疾患に効果が

あるってんだから、そりゃ使いたくなるわけです。

 

一方でテトラヒドロカンナビノール(THC)というカンナビノイド

は精神への影響があり、これが中毒性などの問題になります。

これがあるために日本では規制が厳しいのです。実際にラリって

運転したら事故に繋がるでしょうし、本人の身体もおかしく

なるでしょう。

 

栄養療法をやる医師の間でも、大麻の医療応用は度々話題になり

ますが、純粋にCBDだけの製品が作れるのか、どのくらいの

容量がベターなのか、どういう人に向いているのか、など解決

すべき問題は色々ありますから、いきなり合法になることは

ないと思います。特にこういう嗜好目的での使用が乱発すると

医療応用なんて夢のまた夢、なんてことになるでしょう。個人的

にはまだ静観かな、と思っています。

    2019年5月23日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ