院長室

« 2月 2019 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栄養をバランスよく

何となく聞こえの良いフレーズですが、それを言うだけでは何の

意味もありません。偏った食事内容は当然悪いわけで、その対義語

としての役割はありますが、一体どんなバランスが良いので

しょうか?

 

一応、厚生労働省は栄養の指針を発表していて、それによると

米やパン、うどんなどの主食が食事の半分以上を占めるように指導

されています。つまり国が「バランスの良い栄養を」と言う場合

には、これが前提になるので結構な量の糖質摂取を勧められる

ことになります。

 

これと併せて、1日の活動量からどのくらいのカロリーを消費して

いるかを概算し、それに見合った食材を選ぶようにも指導されて

います。活動量以上のカロリーを摂取すると生活習慣病のリスク

になりまっせ、ということだそうです。

 

もちろん過剰なカロリーが肥満につながるのは確かですが、そもそも

カロリーとはエネルギーの単位のことなので、正確には「この食材

が体内でエネルギー変換された場合の量」ですから、カロリー摂取

という表現自体がおかしいんですな。

 

食材によってエネルギー変換効率は違いますし、人によっても変換

できやすさには差があります。特に、既に不調になっている方はここに

問題があるので狙ったようなエネルギー変換がうまくいかないから、

体調も改善しないと考える必要があります。

 

となれば、バランスの良い栄養とは “人それぞれ” と言うことに

なります。身も蓋もないけどさ。(^ ^;)老若男女、好不調、

日常生活強度、などなど同じ人であっても現在の状況によって

変化し得るということでもあります。

 

だからこそ栄養療法では分析を重視します。糖質制限が良い悪い

とか、タンパク摂取の是非とかを一元的に指導することはあり

ません。巷間の健康情報に惑わされませぬよう。

    2019年2月25日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ