院長室

« 4月 2019 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「アクアマン」/「ファーストマン」

似たタイトルですが、180度真逆な上に1光年くらいかけ

離れた対照的な作品でした。

 

まずはDCコミックのキャラの実写化である「アクアマン」ですが、

アトランティス王国の女王と人間の間に産まれたアクアマンが海の

覇権をかけて異母弟と争う、というもう設定だけでお腹いっぱい

になりそうな作品です。

 

で、実際に胸焼けと口内炎を併発しそうな内容で(笑)、細かい

ことはいいから派手なアクションで気持ち良くなってね!と

いう映画。が、このアクションがよくできていて飽きさせない

工夫がてんこ盛りです。カメラワークが大変おもしろい。単に

バトルするだけでなくアイテムを求めて冒険したり、怪獣が

出てきたり、とまあ楽しい。

 

出演陣も無駄に(?)豪華で脇役にニコール・キッドマン、ウィレム・デフォー、

ドルフ・ラングレン、と別の映画が1本作れそうな勢いです。個人的

にはあまり好きなタイプのアクション映画ではないですが、

爽快感は保証できます。

 

そして「ファーストマン」は月面に人類史上初めて降り立ったアームストロング

船長の伝記映画です。超有名な史実をどう娯楽作品に仕上げるか、

が見所になるわけですが、デミアン・チャゼル監督、見事にやってのけ

ました。

 

飛行機やロケットに乗るシーンは徹底して主人公視点になって

いるので、とんでもない緊張感です。閉所恐怖症の人には辛い

レベルですね。反面、現状どういう状態なのかが分かりづらい

ので、イマイチ乗り切れないのもありますが。

 

この未見性に満ちた緊張感と共に軸になるのが、死生観、です。

脳腫瘍で幼くして亡くなった娘、宇宙に挑戦する中で命を落とす

仲間、そして自分もまた生きて帰ることが困難なミッションに

挑む。それは命をかけることなのか?死に場を探していないか?

自己中心的な考えなのか?セリフは少なめの作品ですが、雄弁に

語りかけてきます。偉大な成功の裏には多くの悲劇もまたある

んですな。

 

主人公をライアン・ゴズリングさんが演じますが、この映画は監督さん

の作家性が売りなので、ここに共感できないと退屈に感じるかも

知れないです。「アクアマン」の間口の広さとはここでも対照的。(^ ^;)

 

共に結構長尺の映画ですが、全く違う所が疲れます。どちらの

疲労感を心地よく感じるでしょうか?

 

    2019年2月21日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ