院長室

« 2月 2019 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

整形内科

整形外科ならぬ、整形内科という言葉をご存知でしょうか?

手術をしない、あるいは手術適応でない疾患に対する筋骨格系への

アプローチをする科、という定義になるかな。

 

整形外科に限らず外科系は基本的には手術療法をメインとする科

ですが、だからこそ手術適応の判断や、術後のフォローなんかも

重要になります。その過程で、手術的な手技以外でもより多くの

治療選択肢や方法論があれば治せる率は上がるはずです。

 

実際には、残念ながら手術ばかりが進歩して手術以外の方法は

遅れていると言わざるを得ません。しかも手術適応外であったり

術後の経過が芳しくない例が増加している現実もあります。整形外科

を受診しても痛み止めと湿布が出るだけだから行かない、なんていう

言葉を聞いたりもします。そんな中、手術療法以外の治療に重きを

置こうぜ、と提案するのが整形内科です。

 

これまでも例えば骨粗鬆症に対する薬物療法なんかはしてきた

わけで、これも広い意味では整形内科と言ってもいいかも知れません。

ウチみたいに漢方薬を使用したり栄養的指導をするのも整形内科

と言えるでしょう。まだ正式名称ではないので、言ったもん勝ち

です。(笑)

 

現状では、肩こりや腰痛に対するエコー下生理食塩水注入療法

(ハイドロリリース、ハイドロダイセクション)のことを主に

整形内科的アプローチとしていますが、それに拘泥せずもっと

色々な範囲に治療のチャンスを増やせるといいな、と思っています。

 

それには柔軟な発想と挑戦する勇気が必要かと思いますが、整形

内科に関して言えば、整形外科の医師が言い出した、ということに

価値があると思います。これまでの業績に安住していない、という

ことですから。整形内科という標榜ができるようになったら、

アタマが柔らかい医師が増えたという証拠になるでしょう。

    2019年2月14日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ