院長室

« 11月 2018 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

足ゆびを使う

健康教室などでも紹介していますが、足は体の土台の役目を

しているので極めて重要な部位です。中でも足のゆびは最重要

と言えます。

 

足のゆびと言うと外反母趾くらいしか疾患は思い浮かばないと

思いますが、足のゆびに問題があると、膝や腰痛、肩こりなど

全身に影響を及ぼします。それはひとえに足と足ゆびが

クッションの役割をしているからです。

 

クッション性が低下すれば、本来足で相殺できていた負荷が

他の部位にかかってくるのは自明です。足ゆびが使えないから

膝や腰に負担がかかる、という図式です。そうなると痛み止め

や注射で腰痛が仮に改善しても足ゆびを無視していたら結局は

再発することになるかも知れません。

 

ではどう診断してどう治療するか。まずは観察。足のゆびが

縮こまっていたり、節々にタコができていたりしたら危険な

サインです。さらに足ゆびを“パー”の形に広げられない、

曲げてるつもりが曲がっていない、というのも危ないですね。

 

ウチではさらにフットプリントと言って足の“魚拓”みたいに

接地面を観察する検査もしますが、やはり慢性疼痛のある

方は異常が多いです。

 

治療も薬ではなく運動療法が主になります。足の甲に包帯を

巻く方法や、ストレッチ法などで足ゆびを使えるように、

クッション性を高めるようにしていきます。正直、とても

地味ですが(笑)効果的です。最近ストレッチ法の一つで

ある「ゆびのば体操」の今井先生の新著が出たので是非

ご一読ください。これまでの内容と大きく変更はないですが、

一部ブラッシュアップされています。足ゆびが使えるように

なると足の冷えも改善されますよ!(^ ^)

    2018年11月19日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ