院長室

« 10月 2018 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「銀魂2/イコライザー2」

常々、続編映画は好まないと公言している僕ですが、1作目が面白いと

そりゃあ観たくなるのが人情ってもんでさ、ダンナ。今回は両方とも

続編でさぁ、文句あっか。

 

銀魂1作目で、スピンオフができたらいいなぁ、なんて言っていたら

まさかの続編。悪ふざけが過ぎる原作と悪ふざけがしたくて堪らない

監督のタッグですから、今回も相性バッチリ。とは言え銀さんの

超人っぷりがひどいので前作ほどの完成度は望めません。ギャグ作品

のシリアス、シリアス作品のギャグ、ってかなり難しいバランス感覚

を要求されますが、その辺りは百戦錬磨(?)の福田監督なので、

ほぼギャグです。(笑)

 

まあ第1作を観た人しか観ないでしょうから、それを見越して制作側

もハードル上げてきてますが、ギャグパートはモロ銀魂です。(嬉)

意外と劇場は混んでて、隣付近になぜか品の良い老夫婦がお座りに。

ええと、コレ銀魂っすよ?うん○とかキモい女装とか、ヲタクにしか

分からないネタとか出てきますよ?って銀魂風にツッコミされたい銀魂

上級者さんですか?もしかして?とかすげー気になってあまり集中できん

かった。取り締まられてもおかしくない内容だから、まさか映倫の検閲?

客も同罪になるの?とか。(笑)

 

原作は最終回詐欺の罪を犯したみたいですから(笑)、余計に映画も

注目される、という作者殺しっぷりがまた銀魂テイスト。もう続編は

いいから、二朗さん出ずっぱりのこってりしたスピンオフ作ってください。

 

そしてこちらもまさかの続編「イコライザー2」。前作が好評だった

せいもあり随分前から企画されてたそうで。教えてよぅ。元々はアメリカ

のテレビシリーズで、一言で言えば米国版必殺仕置き人です。それを

デンゼル・ワシントンさんが好演しています。

 

無敵のタフガイアクションではなく、その場にある物を利用して

スタイリッシュにキメるクール系アクションなんですが、その特徴は

今作ではなりを潜めてしまい、若干軸がぶれている感はあります。

それでも製作にも名を連ねるデンゼルさんの人柄か、今作でも若者

への愛が溢れており、アクション以外にもしっかり見所があります。

 

前作もラストバトルは大変凝っていましたが、今作も面白い工夫が

ありました。総じて、残念ながら前作越えとは思いませんが、意外と

また続編が?結構デンゼルさんはハマリ役かも。

 

そしてまたまさかの続編、「ボーダーライン」!誰が観るねん?!

…すいません、僕、観る。だってデル・トロ観たいもん。もう続編

うんぬんは言ってはいけませんな。(^ ^;)

 

    2018年10月11日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ