院長室

« 10月 2018 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

民間療法

有名人が癌で亡くなると、しばしばその方がどんな治療法を

していたのかという報道がなされます。小林麻央さんの時も

今回のさくらももこさんもそうですね。

 

そしてそういう報道がされる場合のほとんどが、いわゆる

「民間療法」へのやんわりとした批判です。民間療法とは

保険で認められている抗がん剤、手術、放射線の3大療法以外

を指すことが多く、つまり治療効果の優劣とは無関係である

ことが重要です。

 

記事では「正しく3大療法を行わず、根拠の不明確な民間療法

に走ったがために死期を早めた。」的なことが書かれていますが、

これはもう噴飯もので、さくらさんに至っては過去に3大療法

を施行したけど治療の副作用に耐えたのにも関わらず再発した

わけで、その絶望は想像するだけで痛ましいです。論じるべきは

「果たして3大療法だけで癌に立ち向かえるのか?」である

はずです。

 

3大療法の効果に疑問を感じる人が多いからこそ「民間療法」

がもてはやされるわけで、アヤシゲな治療法までも礼賛する

つもりは毛頭ありませんが、少なくとも3大療法の欠点を

冷静に分析することは絶対に必要だと思います。そして産後

女性の死因第1位が自殺であることがニュースになっていま

したが、2位は癌でした。これもとても異常なことと認識

しなければいけません。だって産後の女性ってことは若い、

ってことですから。

 

なぜ再発するのか、なぜ若年層にも増えているのか、いくら

でも議論する余地があるのが現在の日本の癌医療だと思います。

    2018年9月6日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ