院長室

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

脂肪を燃焼!

よく耳にする響きですね。これを謳えば商品の売り上げが何割か

あがる、のかな?脂肪を分解!ってのもありますね。どう違う

のでしょうか?

 

分解はその名の通りバラバラにすること、燃焼はカロリーとして

利用することです。なので正確には脂肪を分解して燃焼させる、

となります。連続した現象なわけです。ということは脂肪を

燃焼と言っても分解ができていなければ無理な話だし、分解と

言っても燃焼できなければまた合成に回ります。

 

そして分解にも燃焼にも栄養素が必要です。肥満を解消するには

適切な栄養素を摂ることが重要なんですね。もちろん断食をすれば

痩せますが分解や燃焼に必要な栄養素が不足している方は効率が

悪いですし、効率が悪いということはカロリーが作られにくい

ということなので、むしろ不調になります。

 

では低脂肪食はどうかというと、これもほぼ意味がありません。

内臓脂肪と食事中の脂肪量はあまり相関しないからです。内蔵

脂肪を合成させるのはインスリン刺激です。インスリンは血糖が

上昇した時に分泌されるホルモンですから、結局血糖値の

コントロールがうまくできなければ痩せない、ということです。

 

糖質制限をしても痩せない人の理由も分かりますね。それこそ

分解と燃焼の栄養素が足りていない証拠です。また、脂肪は

カロリーになる以外にも重要な仕事をしています。まだまだ

誤解が多いと感じます。今月の健康教室ではこの辺りのことを

お話します。奮ってご参加ください!

 

    2018年9月3日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ