院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「M:I フォールアウト」/「未来のミライ」

この夏の目玉になるであろう日米それぞれの期待作を早速観て

きましたよ。

 

まずは我らがトム様の人気シリーズ第6弾となる「ミッション・インポッシブル

フォールアウト」です。僕はトム様作品は無条件で観るので目玉もくそも

ないんですが、何と6作目にしてマンネリになるどころか最高作に

仕上がっています。

 

ストーリーはまあ多分にご都合主義な所がありますが、だって

そういう映画なので(おい)、それは問題ではなく刮目すべきは

めくるめくアクションの数々です。どれも超ハイレベルで、これで

エンドロールにNG集があればもうジャッキー映画ですよ。しかも

トム様は御年56ですからね。超人か。

 

アクションが凄すぎて二転三転するストーリーの仕掛けが頭に

入ってこないという切なさはありますが、それでも147分の長尺

が全く気にならない上に、意外な登場人物に涙しそうになる

という非の打ち所のない作品です。ああ、言ってしまいてぇ。(笑)

1つだけ難点を言えば完全に前作の続きなので前作「ローグネイション」

はマストです。僕も直前にそれを知って慌てて復習したクチです。

あぶねぇ。もうトム様鑑賞映画の域を超えてシリーズ集大成的な

傑作です。これを超える続編はできないんじゃ、と心配になる。

 

さて対して今や日本アニメ界のヒットメイカーになりつつある

細田守監督の「未来のミライ」。前作「バケモノの子」は僕的には

物足りなかったですが、いや、今作、やっちまってるんじゃ?

 

両親の愛を一身に受けていた4歳の主人公が妹が生まれるのを

機にかまってもらえなくなり、すねる、という、だけの、映画(° °;)。

いや、好意的に見れば未来からやってきた成長した妹の導きや

過去の親や祖父の物語を体験することで成長していくお話、と

取れなくもないですが、少なくとも鑑賞中は好意的になれん

かった。(^ ^;)

 

どうも前作から奥寺佐渡子さんが脚本を担当していないようで、

モロにその影響が出てしまっている感が否めない。アニメの表現力

はズバ抜けているんだけど、その感動を打ち消してしまうイライラ

がずっとつきまとうんだよね。子育て中の親にはあるあるネタが

多くて受けると思うんだけど、それ以外の世代には正直しんどい、

かも。僕は利己的なエッセイを読まされてるようで不快でした。

 

きっと我々が最大公約数的な冒険ファンタジーを期待しすぎている

せいであって、細田さんの作家性はそこではないんでしょうね。

ナウシカやラピュタじゃなく、稲中卓球部なんですよ。きっと。

あ、分かりづらい?(笑)ちなみに僕は稲中大好きです。今後は

そういう眼で細田作品を観ると身勝手な落胆をせずに済みそうです。

    2018年8月9日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ