院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

バリアフリー

足の不自由な方に配慮してスロープを作るとか、段差をなくす

とか、そんな構造をバリアフリーと言いますが、もちろんそれは

必要なことと思います。

 

けれどそんな優しさがあだになる場合もあります。それは有害

なものに対してもバリアがフリーになるから。建築物であれば

虫やほこりは侵入しやすくなりますし、人体であれば菌や抗原に

なり得るものが容易に取りこまれることになります。

 

ただただフリーパス状態にしてしまうのは思わぬ弊害を招きます。

例えるなら空港の税関でしょうか。ここの機能が麻痺してしまった

ら、薬物や武器まで勝手に輸入されるわけで、治安は乱れるで

しょう。我々の身体ならば税関が腸や皮膚で、治安の悪化は

アレルギーです。

 

人体と建築物を一緒にするのはやや乱暴ですが、良いものは

通して、不要なものは通さない工夫こそが重要です。腸内環境の

重要さが叫ばれて久しいですが、その目的がしっかり認識されて

いるかは心許ない気がします。せっせとヨーグルトを食べて

カゼインのせいで腸が荒れてしまっていたとしたら、本末転倒

この上なしです。乳製品が悪いのではなく、その方の目的に

沿ったツールになっているかを知っているかがキモです。

 

要は病態分析の重要性ってことですな。回りくどいのは歳の

せい?!(笑)ちなみに住居等のバリアフリーもバネ構造

などで通る時だけ倒れる敷居とか、手動でスロープにできる

カバーとかできそうなんだけどなー。しげぞう爺さんなんて

杖を振るだけで階段をスロープにできるんだから。NGK

限定だけど。

 

    2018年8月6日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ