院長室

« 9月 2018 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

体温コントロール

記録的、殺人的な酷暑が続いております。各報道でも繰り返し

注意喚起されていますが、熱中症は身近な病態であると認識

することが大事です。

 

どうしても屋外活動や高温下での異常と捉えられがちなので、

室内では起こり得ないと油断していたりしますね。また気温が

それほど高くなくても湿度が高いと一気に熱中症のリスクは

高まります。気温に湿度を加味したWBGT(湿球黒球温度)

という尺度がありますが、これを暑さ指数として熱中症の危険度

の指標にしています。環境省のHPで詳しく解説しています。

是非一度確認してください。

 

と言うのも、過日の豪雨災害と違って熱中症は予防できうる

ものだからです。特に体の小さい小児や、体温中枢の機能低下が

ある高齢者ではハイリスクであり、かつ自身で予防策が講じられ

ないですから、周りが気に掛ける必要があります。

 

また健康な成人であってもタンパク質不足がある場合は、そも

そも脱水傾向ですから熱中症にもなりやすいです。脱水対策を

しないで夜勤など緊張を強いられる仕事をすれば尚のこと

罹患しやすいでしょう。

 

栄養的な対策は、水分、塩分、タンパク質です。どれかが

欠けてもいけません。水分は硬水を、塩分は未精製塩を、

タンパク質は何でも良いので毎日食べましょう。エプソム

ソルト(Mg入浴剤)も是非使ってください。

 

環境的にはエアコンと空気の環流です。冷房が苦手は方は

結構多いと思いますが、28〜29℃くらいに設定して扇風機

やサーキュレーターを上に向けて空気を混ぜると体感温度は

下がります。就寝時はこのような組合せが良いと思います。

 

繰り返しになりますが、脱水や熱中症は誰にも起こりうる、

そして現在極めて危険性の高い病態です。他人事ならぬ

自分事として事前対策をしてください。これ以上、痛ましい

事故が起きませんように。。。

 

    2018年7月23日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ