院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

足と全身

今月はインソールをキャンペーン対象にしていますが、あまり

馴染みがないのか結構質問を受けます。「自分は必要なのか?」

「外反母趾が治るの?」「インソールって何?」(笑)など。

 

治療用のツールとして紹介しているので、集約すれば結局は

「何に効くのか?」ということでしょう。それを知るには足の

機能を理解することが先決です。足はついつい無視されがち

ですが、体重を支えている土台です。本来、足にはアーチと

言って緩やかなカーブがあり、それがクッション作用を有する

ので重さや衝撃を緩和することができます。

 

このアーチが何らかの原因で損なわれると、緩衝作用が減少

して足で相殺されるべき衝撃が上方へと伝わります。足首、膝、

腰、背中、頚…と。つまり体のあちこちの痛みは足に原因が

あるかも知れないのですね。

 

で、インソールというのは靴の中敷きのことで、通常は足に

フィットするようなものが快適で好まれます。しかし、アーチの

「機能」に着目すると、このフィットする快感(?)は必ずしも

良いことではないのです。枕もそうですがフィットさせると

いうことは包み込むことでもあり、これは動きを抑制する

ことに繋がるのです。

 

アーチをしっかり効かせるには実はフィットさせてはいけない

んですねぇ。そんなことを軸に開発されたのがウチで扱い

始めたインソールの特徴です。クッション性はないので入れて

立ってみると硬い感じがしますが、動いてみると楽なんです。

これがアーチが効いている、という感覚です。となると、痛み

だけでなく運動のパフォーマンス向上にも期待できそうですね。

 

残念ながら矯正器具ではないので変形は治りませんが、悪化を

防ぐことにはなると思います。また昨今注力されている子供の

足育の一助にもなるでしょう。仏教用語で脚下照顧という言葉

がありますが、医療においても足元から全身を見直すことは

とても大事だと思います。

    2018年7月19日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ