院長室

« 6月 2018 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

タンパク質の基本

暑くなって脱水が危ぶまれるようになると、しきりにこまめな

水分補給の重要性が叫ばれますが、その前にしっかりタンパク質

を摂っておくことが重要です。

 

これを読まれている方の中にはまさかスポーツ飲料ガブ飲みする

人はいないでしょうが(^ ^;)、脱水予防、あるいは補正に大切

なのは体内に水分を保持することです。それができなければ

すぐに尿で抜けていくか、単にむくむだけ、となってしまいます。

 

その保持力を規定するのがタンパク質です。ですからしつこく

タンパク質摂取を言うわけですが、肉魚卵大豆などのタンパク質

はそのままでは体内に入りません。胃酸や消化酵素の働きで

アミノ酸レベルまで分解されて腸から吸収されます。そして

肝臓で必要なタンパク質に再合成されて利用されます。

 

消化酵素もタンパク質なので、タンパク質不足傾向の人は

そもそもタンパク質の分解が苦手、というジレンマがあります。

せっせとタンパク質摂取を増やしても腹が張ったり、便やガス

が臭くなったりするのは吸収されていない証拠です。徐々に

増やさないといけません。また肝臓での再合成にはビタミンB群

が必須です。これも不足している人が多いですよね。

 

このようにタンパク質不足は一朝一夕では改善されないことが

想定されるので、早いうちから持続して改善に取り組むべき

なんですね。というか栄養療法の大きな柱の一つがタンパク質

代謝の改善です。

 

既に暑くなってきており、あんまり悠長な事は言っていられ

ないので、上記の理由で消化酵素剤+アミノ酸剤+ビタミンB群

の組合せを使うことが多いです。

    2018年6月21日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ