院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

植物性 or 動物性

糖質制限を進めるに当たって重要なのがタンパク質摂取

ですが、タンパク質には動物性と植物性があり何となく

植物性の方が体に優しい、という認識あるようです。

 

具体的には肉や魚よりも大豆の方が健康的、という論です。

タンパク質だけを見ればこれは誤解で、植物性と動物性に

差はありません。でも違うんです。

 

タンパク質はそのままの形態では吸収されず、必ず分解

されてアミノ酸レベルまで小さくなることが必要です。

アミノ酸はタンパク質の最小単位で、これに動物性も

植物性もありません。なので差はないのですが、アミノ酸

の種類の配合量には差があるのです。

 

我々の身体は幾多ものタンパク質で構成されていますが、

このタンパク質は20種類のアミノ酸を色々と組合せて

合成されます。そして20種のうち9種は合成能力がない

ので絶対に食事から摂らなくてはいけません。

 

この9種類の配合割合が植物性と動物性の差になります。

ヒトは動物なので、やはり動物性タンパクの方がアミノ酸

の組成は近いです。そういう理由から、タンパク質摂取

の際に植物性よりも動物性を勧めるんですねぇ。

 

ただ、そう考えれば植物性タンパクであっても足りない

アミノ酸を補うことができればOKですよね。具体的には

メチオニンというアミノ酸が植物性タンパクには少ない

ので何らかの手段でメチオニンを追加できれば肉が

苦手な人でも大丈夫なわけです。タンパク質はアミノ酸

の視点が大事です。

    2018年5月24日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ