院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

サプリもお安く

新検査、価格見直しに伴い海外製のサプリメントも全種

ではないですが若干お安くなります。まあ100〜200円

程度なんですが。(^ ^;)

 

海外製のサプリメントを使う理由は、日本では薬剤に指定

されていてサプリメントととして使えない栄養素がある、

日本製に比べて高用量である、という点が挙げられます。

例えば活性型ビタミンB6は日本製サプリメントでは

入れられないし、海外製のものは二度見するくらい(笑)

ハイスペックなものがあります。

 

でも日本製のサプリメントがダメなわけではありません。

日本人の特性に合わせた配合や剤型になっていますし、

安全性の面でも安心度は高いでしょう。これらとコストを

総合してよりベターな選択肢を提供するためにも両方ある

方がいいかなと思っています。

 

とはいえ、いつも言うようにサプリメントはあくまでも

食事の補助です。薬ではありません。不足分を食事では

補えそうにない場合に利用するものです。つまり足し算の

補助です。余剰分がある場合は当然引き算をしなければ

いけません。これはサプリメントの役目ではありませんね。

 

困っている病態が、足し算が必要なのか引き算が必要なのか、

足し算が必要ならば吸収に問題はないだろうか、引き算は

何から手を付けるべきか、治療もこういったバランス感覚が

とても重要になります。つらい症状はどうしてもそこばかり

に意識が行きますが、少しでも俯瞰して収支(?)のバランス

を整える戦略が必要です。

 

    2018年5月14日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ