院長室

« 11月 2018 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「レディ・プレイヤー1」/「アンロック」

どちらも観る予定ではなかったので却って拾いモノで得した

感のある2本です。

 

まず巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー1」

ですが、なぜ観る予定じゃなかったかと言うとメッチャ

眼が疲れそうだから。(笑)案の定、見事に僕の眼は破壊

されましたが、なんせ劇中にガンダムやらメカゴジラやらが

出るって聞けば観ざるを得ないじゃない?!

 

そして実際にはそれどころではないくらいたくさんの往年の

キャラ達がめまぐるしく躍動し、80先代の少年少女を熱狂

させた素材をギュッと詰めたオモチャ缶みたいな作品です。

映画というよりもうアトラクションやね。

 

こんなハチャメチャなことができるのも(版権的にも ^ ^;)

スピルバーグしかいないでしょう。ストーリーも王道ながら

工夫もふんだんに盛られていて、とにかく観ていて楽しい、

飽きない。キャラを知らない子供が観ても十分楽しめる間口の

広さも見事です。観て良かった。眼は痛い。

 

そしてテロを阻止すべくCIAの女性尋問官が奮闘するサスペンス

アクション「アンロック」。観る予定にないどころか全然知らな

かったけど予告編とレビューサイトの高評価で行くことに。

プロットはシャーリーズ・セロンさんの「アトミック・ブロンド」に

似ていますが、こちらの方がはるかに面白かったです。

 

まあ尋問官のくせに異常にタフで強いとか、敵の計画がマヌケ

とか(笑)、そんなお約束を気にしなければリアリティもあり、

脚本も上手でこちらも完成度高しです。

 

主演のノオミ・ラパスさんは初めて観ましたがなかなか良い

ですな。脇役陣もオーランド・ブルームさんやマイケル・

ダグラスさんなど意外にも豪華で演技の質も高い。個人的

にはラストシーンの主人公の服装に文句をつけたいところ

ですが、まあ些末なことよ。上映館が異常に少ないので、

興味のある方は急ぐべし。

 

あとディズニーの「リメンバー・ミー」を観たいけどオイラ

字幕じゃなきゃイヤなんだい!ってDVD化まで待つつもり

だったんですが、何とか日程をやりくりして字幕版を公開終了

ギリギリで鑑賞。いや、サイコー。素晴らしい。これも観て

良かった。結局DVDも買っちゃうな。かつサントラも買っ

ちゃうな。カモの見本。

    2018年5月4日 金曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ