院長室

« 4月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

牧草牛、食べてみた

YouTube 投稿のタイトルみたいにしてみた。動画では

ありませんので悪しからず。(笑)

 

さて栄養療法では糖質制限+高タンパク食の指導を

する機会が多いですが、高タンパクのメニューとして

はビタミン・ミネラルも同時に摂れる赤身の肉を推奨

しています。

 

では赤身の肉ならば何でも良いかと言うと、そうとも

言えない側面があるのです。日本では高級牛と言うと

「霜降り」や「脂の乗った」ものになりますが、そう

いう脂が増えるためにはエサは穀物にする必要があり

ます。

 

牛はそもそも草食ですから、飼料が穀物だと糖質過剰

になり脂が余計に合成され、結果として「霜」が降る

わけですな。こういう穀物主体の飼料で育てることを

グレインフェッドと言います。その飼料の穀物が遺伝子

組み換えであったり農薬まみれであったりするので同じ

牛肉でもグレインフェッドはどうなのよ?となるんです。

 

対して元々の牧草のみで飼育することをグラスフェッド

と言います。こちらの方が自然な状態ですが、脂は少なく

歯ごたえのある食感になります。日本は牧草で飼育する

ための十分な土地面積がないので、グラスフェッド牛は

基本的にはオーストラリア産など海外製になり、やや

高価です。

 

とまあ少しハードルの高い牧草牛ですが、こちらのサイト

で通販ができます。実は栄養療法のエキスパートの先生

が経営しています。(^ ^)僕も試してみましたが美味い

ですよ。サイトの説明にあるより少し長めに焼き時間を

取る方が僕には良かったです。どうぞお試しあれ。

 

    2018年4月2日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ