院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

心不全とは

俳優の大杉漣さんが急逝されてにわかに注目されている

心不全ですが、そもそも心不全は「心臓が機能していない」

という意味で病名ではありません。

 

なぜ機能していないのかによって当然経過も治療も異なる

わけですが、大きく急性と慢性があります。例えば

心筋梗塞や急性大動脈解離は突発的に症状が出て、急激

に悪化し死に至ることもあります。逆に弁膜症や呼吸器

疾患などでは徐々に心臓機能が悪化していきます。

 

慢性心不全の場合、すぐに死に至らないとは言え日常生活

には大きな影響を与えます。呼吸が苦しい、動悸がして疲れ

やすい、むくみで重い…etc.それぞれ対症的な薬はありますが、

根本的に改善させるのはかなり難しいです。心臓はミトコン

ドリアが豊富な臓器なので、栄養療法ではビタミンB群や

コエンザイムQ10などを使用します。タンパク摂取をしつつ

ふくらはぎの筋肉を鍛えるためのつま先立ち運動も有効ですね。

 

では急性の場合はどうでしょう。急激に進行するため手を

打つ間もないことがあるので、むしろこちらの方が予防に

重点を置くべきだと思います。心臓は全身に血液を送り出す

ポンプですが、心臓そのものを養う血液も必要です。その

血管を冠動脈というのですが、この血管が詰まって心臓の

筋肉が壊死することを心筋梗塞、詰まりはないけど血流が

悪化した状態を狭心症と言います。

 

となればこの血管、血流を維持する、悪化させないことこそ

が予防になります。そしてそれはコレステロール値を下げる

ことではありません。血糖値の乱高下を招かないことです。

大杉さんがそうだったと言うわけではないですが、こういう

悲しい事例を予め防ぐ努力はしないといけません。

    2018年2月26日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ