院長室

« 5月 2018 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

花粉症の本

栄養療法の旗手、溝口徹Dr.の新刊が出ました。タイトルは

花粉症は1週間で治る!」…またこういう挑戦的な…(^ ^;)

もちろん内容は栄養療法でどう花粉症を捉えるか、なんですが

平たく言えばビタミンDの重要性を説いた本です。

 

ビタミンDについてはこれまでも何度か著書で述べられて

いますし、溝口先生以外の栄養療法Dr.の書籍もあります。

アレルギー疾患だけでなく、うつや癌、生理の不調なども

ビタミンD不足が関与するようなので、実は花粉症に

限ったことではないのですが、まあこの時期出版するから

このタイトルなんでしょう。(笑)

 

実際にウチでもサプリメント摂取で花粉症やアトピーが

改善した例はありますが、なぜ不足するのかが重要です

よね。それは食事なのか日光不足なのか、はたまた腸の

吸収障害なのか。やはりこの視点が必要です。溝口Dr.の

本もビタミンD推しではありますが、最終的には包括的な

栄養摂取の重要性を強調しています。ならこのタイトルは

どうなのよ?!とまた最初に戻るワケですが。(^ ^;)

 

ちなみに同時期に出た宗田哲男Dr.のケトン体食の本

併せて読むと尚よろしいでしょう。こちらも内容は

糖質制限の推奨本で、ケトジェニックな身体にする

重要性と方法を説いています。花粉症を治すには結局

ここまでやらないといけないと思います。

 

栄養療法は身体を作り変える治療法なので、かなり応用

範囲が広い分、逆に指導や提言は結局同じ所に着地する

ことが多いです。すると書籍もタイトルは変わっても内容は

そんなに変わらない、となってしまいますね。お二人とも

啓蒙活動に熱心な良い先生なので、却って苦労してみえる

と思います。

    2018年2月22日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ