院長室

« 4月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

病後におかゆ

インフルエンザの猛威もやっと落ち着きを見せてきました。

これだけ蔓延したのはA型とB型が同時流行したのが原因の

一つですが、そもそも人間の免疫力が落ちているのも大きい

のではないかと思っています。

 

それはさておき。風邪の後や、手術後などの回復期には

「消化の良いおかゆ」を食べることが何となく常識になって

います。普段糖質制限をしている人でさえも、疑いなく

おかゆを食べていたりします。

 

おかゆに限らず糖質は分解に胃酸を必要としないので、

消化吸収に長けているのは事実です。病後の弱った胃腸に

適していると思われるのはこの道理だと思います。しかし

ながら、やはり血糖値の乱高下を招いてしまうので

それによる不調も不可避だったります。さらに糖質は

カロリーにしかならない、つまり身体の部品にはならない

ので病後に糖質を摂取するのは、車が故障しているのを

給油だけで修理しようとするようなものです。

 

身体の部品になるのはタンパク質だけなので、病後ほど

タンパク摂取を増やすべきなのですが、一方でタンパク質

の消化には胃酸が必須です。またうまくタンパク質が吸収

されてもカロリー不足下では折角摂ったタンパク質が

カロリーに使われてしまい部品にはなりにくくなります。

悩ましいですね。そもそも風邪のすぐ後に肉をガッツリ!

ってのも無理があります。(^ ^;)

 

そうすると、動力になるカロリーと部品になるタンパク質

を同時に摂取できて、かつ美味い物(笑)が望ましいわけ

ですが、正直そんな都合の良い食材はありません。サプリメント

の有用性はこういう場面で発揮されるのですが、食材で

勝負するならば、豆腐、卵、ココナッツバターが良いかと

思います。豆腐を砕いて卵とじにし、醤油や天然塩で

さっぱり味付けをする。そしてデザート(?)にココナッツ

バターを一口パクッと。自分だったらこうするかな。

ココナッツバターは実をすり潰して作るので少量の糖質が

含まれることを逆手にとるわけです。

 

残念ながらインフルエンザに罹患されてしまった方もこんな

レシピで早く良くなって下さいね。(^ ^)

    2018年2月15日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ