院長室

« 4月 2018 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「キングスマン2」/「嘘八百」

新年1発目の映画レビュー。映画ライフもなかなか幸先の

良いスタートが切れました。(^ ^)

 

まずは公開を待ち望んでいた「キングスマン ゴールデン・

サークル」から。マシュー・ヴォーン監督の傑作アクション

「キングスマン」の続編です。この監督は「キック・アス」

というこれまた傑作があるのですが、こちらの続編で製作に

まわってコケたのを反省してか今回は再び監督脚本を

務めます。

 

これが功を奏してか、アクションは期待以上。年齢制限が

緩和された割にはエグイ場面も結構あり、とにかく長尺が

全く気にならないくらいアガります。ハリー復活劇には

涙したよー。が!看過できないツッコミ所も前作以上で

脚本には難アリです。超兵器の数々もちょっとやりすぎ。

まあそんなん言うのは野暮な作品なんですけどね。(^ ^;)

でもできればハリー復帰はダマにしておいて欲しかった。

既に3作目やスピンオフ企画も進行しているらしいので、

また観ちゃうんだろな。

 

それとは逆に堅実な作りの邦画「嘘八百」。日本の骨董品

に絡めた詐欺師たちのドタバタコメディですが、こちらも

期待以上。とにかく主演の中井貴一と佐々木蔵之介が抜群に

イイ。最近の中井さんの安定感ったらないですわ。

 

監督は武正晴氏。実力派監督作品の助監督を長年勤めたこと

も助けてか、非常に堅実かつ見せ所を分かってらっしゃる。

小技も効いていて尺もちょうどと、とてもバランスの良い

作品です。ただもう少し「イン・ザ・ヒーロー」の時みたい

なウンチクをちりばめるとさらに良かったかも知れません。

 

「キングスマン」は前作鑑賞前提だし、ヤバイ表現も含む

ので万人向けとは言えませんが「嘘八百」は意外と若者も

楽しめる全方位型娯楽作です。あまり宣伝もしてないので

掘り出し物感もあるしね。骨董品を扱う作品だけに。うまい。

    2018年1月18日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ