院長室

« 12月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

中間、中道、中庸

ははーん、きっと「中日」がオチだな、と思った皆さん

あけましておめでとうございます。(笑)本年もどうぞ

宜しくお願い致します。m(_ _)m

 

さて、タイトルの単語は全て「ちゅうくらい」と言う意味

です。グレーが好きで談合の減らない日本人が好きそうな

コトバですが、でも極めて重要なことでもあります。

 

医療界では東洋医学的発想にこの考え方が出てきます。

いわゆる陰陽思想や二元論的解釈ですね。冷やさず温めず、

乾かさず湿らさず、みたいな。ただ、それに留まらず

「やり過ぎない」という意味でもこの考え方は大切だと

思うんです。

 

特に過重労働や介護福祉の問題を抱える日本では、国民性も

相まってついついやり過ぎてしまっている方が多いように

見受けられます。それで自分の身体を壊してしまって、

本来のパフォーマンスが発揮できないのであれば本末転倒

甚だしいです。やればやるほど効率は落ちると思った方が

いいですね。

 

治療に於いても、特に徒手治療ではバランスを崩す恐れが

あるので「治しすぎない」ことがコツですし、食事療法でも

極端に変えるのは長続きしない原因になり得ます。

「いいかげん」と書くとズボラなイメージがありますが、

漢字で書けば「良い加減」です。ちょうどよい感じ、です。

 

今年もまたそれぞれに色々なことがあるでしょうけど、

すべて「良い加減」でいきましょう!

    2018年1月4日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ