院長室

« 9月 2018 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

体型のくずれ

「小顔」「お腹すっきり」「足すらり」…誰もが憧れる

ワードですよね。サプリなどでこれらを「改善できる!」

と謳えば商品価値はぐっと上がったりもします。でも

それで効果を実感できた、と聞いたことがあるでしょうか?

 

栄養療法で不足栄養素を補い、過剰な糖質やトランス脂肪

を制限すれば確かに体型は変化します。筋肉がついて

くるし太りにくくもなります。しかしながら、それだけ

では上記のような「一つ上の」ボディバランスまでは

到達しにくいです。

 

それを実現するには日常の体の使い方も改める必要がある

のです。まさに姿勢ですね。無理な体勢で力仕事をしたり、

同じ姿勢でPC作業を続けたりすると、自然と過剰な力が

入ります。これにより関節の動きが制限されたり、筋肉が

不自然に盛り上がったりすれば見た目にも変化を及ぼします。

 

ということは、力を入れすぎない、入れ続けないことが

重要になってきますね。対策としてヨガやピラティスなんか

も良いと思いますが、不慣れなポーズを取るために全身に

力が入ってしまっては逆効果だと思います。ポイントは

「いかに脱力して良い姿勢を保てるか」です。見た目の

美しさは無駄な力を入れないことから!

 

師走の多忙な時期、ラストスパートで身体に無理を強いる

方も多いと思いますが、そんな時こそ脱力してみては?

意外とその方が仕事が進むかも知れませんよ。

 

    2017年12月28日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ