院長室

« 12月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

鼠径部をゆるめよう

鼠径(そけい)部とは足の付け根の前面部位のことです。

“ コマネチ! ”のラインですね。(笑)この部位を指で

圧迫してみると、動脈の拍動を感じることができます。

下肢の血管や神経のほとんどはこの鼠径部を通っている

からなんですね。つまり足に出向く際の交通の要所です。

 

もしもこの鼠径部に滞りがあるとどうでしょう?足先に

行った血液やリンパ液は戻りづらくなるので、むくみの

原因になりそうです。循環が悪くなれば冷えるでしょうし、

ひどくなれば静脈瘤になるかも知れません。

 

しもやけや冷えの季節ではありますが、慢性的にむくみ

や冷えに悩む方は、足先だけでなくこの鼠径部にケアを

する方が良いと思います。特に仕事などで座位が長い方

は股関節を曲げて常に鼠径部を圧迫しますから、出やすい

でしょうね。

 

ではどうケアするかですが、これはいつもの方法。温めて

伸ばす!です。さらに揺らしを追加すると効果的です。

鼠径部をホットタオルやカイロを使用して温め(温湿布は

ダメよ)、アキレス腱を伸ばす時の運動の形で股関節

前面を伸ばしていきます。仰向けに寝てストレッチポール

などで腰を反らすようにしてもいいですね。その際に

優しく手のひらで揺らすと尚いいです。

 

鼠径部の奥には股関節を曲げる筋肉がありますから、

そこもゆるんでくると腰痛への効果も期待できます。

冷え、むくみ、腰痛、そして座位が長い!こんな

キーワードに当てはまる方は是非やってみてください。

 

    2017年12月18日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ