院長室

« 11月 2017 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

冷えにはショウガ

冷え症に悩む方は多い上に、西洋医学では適当な処方が

ないので、自然この分野は漢方薬の独壇場になります。

では、何が効くのか?

 

一般的には冷えにはショウガが良いとされます。これは

正しいのですが厳密には乾燥させた「乾姜」が温補作用

を有します。生の「生姜」はどちらかと言うと吐き気の

薬になります。「乾姜」の分量が多い漢方薬ほど温める

効能が高いことになりますね。

 

例えば大建中湯という漢方薬は腸の薬と認識されています

が、乾姜が非常に多く配合されているので、そもそも冷え

のある方向き、というか冷えがなければあまり効かな

かったりします。半夏白朮天麻湯という薬は唯一、生姜と

乾姜が両方配合されていますが、効能の差が分かれば

納得できます。

 

さて、乾姜は温補作用はありますが、冷えの原因治療

というわけではありません。「気」に問題があれば

補気薬との併用、「血」に問題があれば補血薬、「水」

に問題があれば利水薬、という風に原因治療になり得る

生薬との組合せを考えて処方選択をします。ここが

漢方薬の妙味です。逆に言うと、配合される生薬を

知らないで漢方薬を処方するのは使いこなせない原因に

なります。

    2017年12月4日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ