院長室

« 12月 2018 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ブレードランナー2049」/「ローガン・ラッキー」

今年はもうそんなに期待作がねーなー、と思っていた矢先、

良い意味で裏切られた2作品です。

 

まず「ブレードランナー2049」。80年代のSF映画の

金字塔(と言われている)の正統続編。35年後の世界を

描いています。正直僕は、タイムリーで観ていない上に主人公

が大して格好良くないし世界観も好きではなかったので、

今や売れっ子のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がよくこんな

ハードルの高い続編作品を引き受けたな、で、どう仕上げた?

的へそ曲がりな興味で鑑賞しました。(^ ^;)

 

…いや、すげー。そして、すげー。なぜ2回言うか、まずは

この続編の方が面白いという点、そしてしっかりこの監督の

作風になってしまっている点。脱帽です。リドリー・スコット

も腰抜かしたんじゃないかしら。オープニングの構図から

前作を踏襲していて、アジアンチックな雰囲気も引き継ぎ

ながら物語の核である人間とレプリカントの関係をしっかり

描きかつ自分の色で演出し切るという超偉業を成し遂げました。

恐るべし。主演のライアン・ゴズリングさんも見事に期待に

応えています。前作鑑賞が必須なのが難点ですが、今からでも

観て今作を鑑賞する価値は十二分にあります。さらに2回目

も観たくなるでしょう。

 

そして「ローガン・ラッキー」。2013年に引退宣言したのに

もう撤回しちゃったスティーブン・ソダーバーグ監督の作品です。

 

でもやはりこの監督は面白い。今作は不運な人生を打破すべく

現金強奪を目論む兄弟たちのお話。これだけ聞くとむしろ

反感を買いそうな設定ですが(^ ^;)、これがまた不自然に

感じることなく引き込まれます。これは出演陣の上手さに

依るところが大きいかな。いきなり子役が上手いもの。

 

主演のチャニング・テイタムさんとアダム・ドライバーさんに

加え、ダニエル・クレイグ、ライリー・キーオ、トドメの

ヒラリー・スワンク、と技巧派目白押し。犯罪ものですが

脚本がテクニカルでサスペンスとしてもなかなかのものです。

さらにコミカルな演出もあって意外と全方向性に楽しめる

作品に仕上がっています。ちょっと終盤展開について行け

なくなる感はありますが、こちらもとても楽しい作品でした。

 

いやー、拾いモノどころかどちらも必見の作品でした。

あぶないあぶない。でもジャスティス・リーグは観ない

かな。(笑)

 

    2017年11月30日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ