院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

分析の重要性

診断と言ってもいいでしょう。ただ診断と言ってしまう

と医療限定の話になりがちですが、食べ物の選択や市販

のサプリメント、ネットで紹介される体操、など全てに

あてはまることです。

 

例えば青汁を飲んで調子が良いという人から青汁を

勧められたとしましょう。言われた通りに飲んでも自分

はあまり効果を感じなかった。なんだ、青汁なんて嘘

ばっかじゃん、となりませんか?これは実にもったい

ない話なのです。青汁で好調になった人とそうでない人の

差が明らかであるならば、そこにこそ不調の原因を探る

糸口があるかも知れないからです。

 

さらに言えば青汁が必要かどうかを予め調べることが

「診断」になるわけです。上記の場合、好調だった人も

その理由を知らないまま知人に勧めてしまっているので、

診断が欠如しています。勧められる側も自分に合うか

知らないまま服用していますので、これもまた診断が

ありません。

 

体操法や食事法など様々な治療法が氾濫している現在、

それぞれの理屈を知ることがとても重要です。それに

自分が合うかどうか、あるいは少なくとも納得できるか

どうかを優先に考えた方がいいでしょう。無条件に

結果をコミット(笑)されるのは意外と危険かも知れ

ません。

 

ちなみに理屈を知って、それを自分なりに応用できれば

上級者です。まあ理屈を明かしちゃうと収入に繋がらない

から大事な部分はナイショ、っていう提供側の事情も

あるでしょうけどね。

    2017年11月6日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ