院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ホットな生活

前回は乾燥対策をお伝えしましたが、今回は寒冷対策に

ついて。これももちろん筋肉量アップやカロリー産生系の

改善、血糖値の安定化などが根本的な方法ですが、直近の

対策についてね。

 

最近では温かいインナー?なども販売されていますが、

一般的には重ね着をしたり、カイロを貼ったりするのが

多いと思います。もちろん全く間違っていないのですが、

重要なのは温める部位です。

 

そもそも筋肉が少ない場所、血流が滞りやすい場所は

それだけで冷えのリスクですから、それらを重点的に温める

方が効率的なはずです。また自身が抱えている痛みなどの

症状とリンクする部位を温めるのも理に適っていますね。

 

よく首、手首、足首などの「くび」を温めなさいと言われ

ますが、これは筋肉量が少なく血流も悪くなりやすい部位

だから。僕もこれに賛成ですが、頚部の場合はさらに細かく、

「頭と首の境目」を温めると効果的です。また腰痛や便秘

がある方は腰の仙骨辺りと下腹部をサンドして温めるのが

有効です。

 

温めるツールは色々ありますが、自宅では濡れたタオルを

絞って電子レンジでチンしてジップロックに入れる自作

ホットタオルが経済的でオススメです。サイズを自由に

決められるし、10〜15分くらいの効果なため低温

ヤケドになりにくいのも助かります。仕事中などは

めぐりズム®の貼るタイプが高温になり過ぎないので

使いやすいですね。あとは風呂はシャワーで済ませず、

必ず湯をはって耳たぶが湯面に付くまで浸かりましょう。

    2017年10月2日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ