院長室

« 9月 2017 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

柔らかい足

ヒトの体はいくつの骨でできているか知っていますか?数え方にも

よりますが、約200個です。そしてそのうちの1/4は足首から

下にあるんですよ。

 

なぜそんなにたくさんの骨が必要なんでしょう?それはひとえに

体重を支えなければいけないから。我々は直立2足歩行の動物

なので、足にかかる負担は相当なものです。しっかり立つことと

スムーズに歩行ができること、当たり前のようですが極めて高度な

システムでもあるのですね。

 

ではこの足の機能が低下するとどうなるでしょうか?歩行に

支障が出るだろう事は容易に想像できると思いますが、本来足で

相殺すべき負担を別の部位で緩衝しなければいけないので、負荷は

どんどん上方へ移動しますから足首や膝、腰、と痛みが出始めます。

 

もちろん膝の変形や腰の神経の問題もあるので、全てが足のせい

ではないですが、足はあまり気にかけてもらえない可哀想な(笑)

部位なので、体に痛みを感じる場合、足を見直すのは大事なこと

です。

 

具体的には「タコができやすい」「爪のトラブルが多い」「外反

母趾気味」「皮膚カサカサで割れる」などが重要な所見です。

セルフケアで効果的なのが「ひろのば体操」「靴のチェック」

です。ウチでは足の甲に弾性包帯を巻くよう指導したりもしますが、

いずれにしても足の柔軟性を維持するのは治療、予防の両面で

役に立ちます。一般向けの書籍も出ているので、是非一度自分の

足に注意を向けてみてください。↓

 

ひろのば体操

    2017年8月28日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ