院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

アトピーは皮膚病にあらず

いきなりコイツ何言ってんだ?!状態(笑)だと思いますが、正確に

言うと「アトピーは皮膚そのものに原因があるわけではない」という

ことです。そしてこれは喘息や花粉症にも当てはまることです。

 

じゃあ原因はどこなのよ?となりますが、皆さんの予想通り、腸だと

思います。さらには脳。腸と脳には関所があって、通過して良いものと

いけないものを選別しています。その関所が何らかの原因で壊れて

しまうと内部で反乱が起こる、という図式です。その反乱が皮膚に

起こればアトピー性皮膚炎、気管に起きれば喘息、となるわけです。

 

特に腸は7〜8mもありますから、もしも障害があると想像以上に

悪影響が出ます。できれば腸を一旦取り外してメンテナンスしたい

くらいなんですが、外せないどころか毎日繰り返し食物という異物が

到達しますので、良くなりにくいんですね。せめて少しずつでも食事

を見直さないと治る見込みすらありません。

 

この時期であれば、スポーツドリンクや麺類などが危ないでしょうね。

子供達は夏休みになりハメを外しがちですが、逆に家庭で食べ物を

管理しやすい時期、とも言えます。用意するお母さんがたは大変で

しょうけど(^ ^;)、腸に優しいメニューで2学期の準備をしたい

ところです。

 

ちなみに脳の関所を壊すものとして、電磁波の影響が大きいと思います。

スマホやタブレットを触る時間は制限を設けるべきでしょうね。子供

部屋の電磁波環境を見直すことも必要です。子供に限りませんが、

食事と電磁波って毎日大量に浴びるものなので、上手くやればきっと

結果が出ます。

 

    2017年7月13日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ