院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「スプリット」

「シックス・センス」のM.ナイトシャマラン監督の最新作です。この監督

さんを紹介する時に「シックス・センスの」という冠がつくのが現在の

彼を表していて、つまり「シックス・センス」を超える代表作がないのですよ。

それだけ衝撃のある名作だったからでもあるのですが、それが足かせに

なるというのも可哀想なのよね。

 

彼の作品はB級テイストでありつつ、観客を裏切る演出が見物でシャマラン

作品好きを“シャマラー”なんて言うそうですが、僕もそこそこのシャマラー

で、実は一番好きな作品は「シックス・センス」ではなく「アンブレイカブル」

です。その他、「サイン」「ヴィレッジ」も意外と好き。さりげなく作中に

監督自身が出演したり、資金豊かな大作にあてつけるような演出をしたり、

とシリアスなスリラーが得意なんだけどお茶目な側面もあるので何か

駄作でも憎めないのですよ。(笑)

 

本作も、突如誘拐された3人の女子高生と彼女たちを幽閉する23人の

人格を持つサイコパスとの対決?を描くスリラーですが、所々にシャマラン

節が出ていて、ファンは余計に楽しめるでしょう。犯人役のジェームズ・

マカヴォイさんの快演(怪演?)も見所です。前作「ヴィジット」から

徐々にシャマラン監督の原点回帰というか、らしさ復活が伺えて嬉しい

限り。うん、やはり僕もシャマラーやね。

 

「シックス・センス」がそうであったように、彼の作品は脚本と演出が命

なので極力前情報を入れずに観に行った方がいいです。さらに今回に限れば、

DVD化を待つのではなく、劇場に行った方が絶対にいいです。なおかつ

エンドロール後まで席を立ってはイケマセン。シャマラーは泣くね。

 

シャマラーなので作品内容はこれ以上語りません。(ええっ?)劇場に

足を運び、彼の復活を喜びましょうぞ。ニヤニヤが止まんねぇー。

 

    2017年5月18日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ