院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

メディカル整体

今回も新しい治療法の紹介を。「メディカル整体」は僕が勝手に

命名したもので(ええっ)、検索してもヒットはしないと思います。

したとしても僕が行っているものとは別物です。

 

要は、解剖学や運動学などなるべく普遍的な理論をベースにした

徒手治療です。これまでAKA−博田法や遠絡療法など、それこそ

医師になって間もない頃から徒手治療に携わってきました。薬物

療法中心の現在の痛み治療の補完になり得るからです。色々と

学びましたが、痛感したのは一つの治療法に拘泥してはいけない、

と言うこと。

 

徒手治療は当然「技術」なので「ワザ」「感触」「センス」という

ワードが頻発します。つまり患者さんが良くならないのは「ウデ」

が悪いから。ならばもっと精進しなさい、という「修行道」に

陥りやすいのですね。徒手治療の上達が経験量に比例する以上、

避けられない部分ではありますが、じゃあ「ウデ」が上がるまで

患者さんは放置?ということにもなり得ます。

 

努力は怠ってはいけないですが、臨床家としては「結果」も同時に

求めなければ行けない、ならばイイトコ取りしよう!ってわけで

これまでの僕の技術、それからこれから身につけるかも知れない

技術を自由に使えるように、「メディカル整体」を創設したので

あります。なんかエラソー。(笑)

 

人体の力学、経絡の理論、なかなかに奥深いものではありますが、

当初は痛み治療専用だったものが、知識が増えることで自律神経系

の症状や、体型、スポーツへの応用もできることを実感しています。

面白い分野なので、自分から「道」にハマらないよう注意している

次第です。(^ ^)

    2017年3月13日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ