院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「サバイバル・ファミリー」

ある日突然、電気もガスも使えなくなったらどうなるか?を

リアルに描いたポリティカルコメディー。「ウォーターボーイズ」

などでおなじみの矢口史靖監督最新作です。

 

矢口監督は「WOOD JOB!」や「ロボジー」など斬新な視点で

日本人社会を描く手腕が素晴らしいのですが、今作はこれまでとは

少し違って、原発事故を経験した日本人にとっては結構身近な

題材であるため、一歩間違うとほぼパニック映画になってしまう。

そのため無理にコメディ寄りにしている感はあり、心から笑え

ない部分はあります。

 

しかしながら、脱原発や自然賛歌を声高に主張しないところが

この監督らしく好感を覚えます。むしろ重きを置くのは「家族の

再生」です。利便になり過ぎた文明を槍玉に挙げるのではなく、

文明に溺れた現代人の弱さを描くことで、人間賛歌へと昇華させて

います。この辺りがとてもうまい。脚本の巧さでは三谷幸喜さん

が挙げられますが、平均点では矢口監督の方が上かも知れません。

 

主演ファミリーを父:小日向文世さん、母:深津絵里さん、

息子:泉澤祐希さん、娘:葵わかなさんが演じます。特に

深津さんが良い。かわいい。個人的な趣味ではなく。(笑)

彼女はここ数作で一皮むけたと言うか、とても巧みな女優さん

になった感じがします。彼女基準で観る作品を決めてもいい

レベルです。いや、個人的趣味ではなく。

 

ともすればホラーになりそうな所をコメディーとして成り立た

せているところが本作の眉目です。怖さと共にほっこりさせる

なんてなかなかの離れ業です。矢口作品万歳です。それはさて

おき久々に観た大地康雄さん、良かったなぁ〜。

    2017年2月16日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ